こけしブログ クラブこけし物語

クラブこけし物語と題したストーリーによって 所有するこけしを紹介

カテゴリ : クラブこけし物語(本編)

ある日のこと、クラブこけしオーナーの愛人が営むこけしのモデル事務所では、
“清見”(本編148話)と友人の“コバナ”が何となしの会話をしていた。
コバナと清見
「あー、目がシバシバする、ブタクサかしら。ホント年がら年中アレルギーだわ。」
アレルギー体質の清美はその日も目と眉毛をしかめている。
「清美ちゃんはいつも大変そうよね。同情しちゃうわ。」
相槌をうつコバナだが、コンパクトを眺めながらのその言葉に同情味はさほどない。
「もうコバナちゃんコンパクトばっか見て。自分の小鼻が余程気に入っているのね。
でも私の話にももっと共感してほしいわよまったく。」
「あ、ごめんごめん。でも別にそんな小鼻ばっかり見てるわけじゃないんだから。」
「そうなの?別にどうでもいいんだけど・・・ってちょっと待った!!」
久しぶりにコバナの顔をマジマジと見た清美はあることに気が付く。
「コバナちゃん!そんなまつ毛あったっけ?!」
「あ、やっと気がついてくれた?ちょっとやってみたの。まつエクってやつ!」
「まつ毛エクステンション?!」
コバナの目元はまつ毛によって、この数日来パッチリとしていのだが、
目がシバシバしていた清美にはよく見えておらず、遅まきながら気づいた次第であった。
「どう?可愛くなったかしら?」
「でもまつエクって色々健康被害の噂も聞くし、何だか心配だわ。」
「清美ちゃんを見て、私もまつ毛でもつけてみようかしらって思ったのよ!」
「そうなの?」
「清美ちゃんみたく眉毛とか目元にひと癖あったほうが、なんか魅惑的というか・・・」
「あ、あらそう?私魅惑的?そうね・・コバナちゃんもその小鼻と
まつ毛が相まって繊細な顔立ちになっているわよ!いいんじゃない?」
褒められて悪い気がしなかった清見はコバナのまつ毛を褒めに転じた。
単にまつエクに興味があっただけのコバナだが、お互い気分の良い会話となった。
つづく
コバナ
○渾名:コバナ(弥治郎系)

○工人:井上ゆき子
=====================
井上ゆき子さんの少寸物ですがその表情は大変繊細に描かれています。
撥鼻は単純な線というよりも小鼻っぽく描かれており、結構生々しい表情と感じます。
そしてこれまた繊細な表現のまつ毛。化粧っ化漂う存在感があります。
女性工人さんの作ということで、何だか納得です。

6月某日、クラブこけしに元気な掛け声とともにやって来る小さなこけし娘がいた。
娘は胴にこれも小さなダルマを携えており、そのダルマも高揚した様子である。
「タッピオカ!タッピオカ!モガちゃ〜ん、いる〜?遊びに来たよ!」娘が言う。
「東京2020!東京2020!ダルマ犬よ!元気にしておるか!」ダルマも店内に呼びかける。
どうやら先日店にやってきたモガとダルマ犬(149話)を訪ねてきたようである。
声を聞きつけ、モガとダルマ犬が顔を出す。
コシンヤとモガ
「あら!コシンヤ姉さんとコダルマさん!」急な来訪にモガは驚く。
「ダルマ犬の修行の陣中見舞いじゃよ!」胴のダルマが言う。
「そ、それは恐れ入りますコダルマ兄さん。」ダルマ犬は恐縮している。
「っていうのは建前!タピってるモガちゃん?さあ、私もタピりに行くわよ!」
「コシンヤ姉さん、“タピる”って、タピオカのこと?よね・・・。」微妙な反応のモガ。
「コロナの移動自粛も解禁で、東京も熱気再燃なのでであろう、のうダルマ犬よ!」
そう言いコダルマは『東京2020』と書かれた旗を振り始める。
「コダルマ兄さん・・・一体どこの情報源を元に・・・?」ダルマ犬も困惑する。
「私達もう自粛ストレスでウズウズしてるの。早くタピオカミルクティーを手に、
東京2020の熱気に溶け込みたいの。さあモガちゃん、熱気渦巻く東京にレッツゴーよ!」
コシンヤの勢いに押され、モガは腹をくくったかのように彼女を連れ東京観光に出かけた。
半日後、意気消沈したコシンヤとコダルマがモガと共に店に戻ってきた。
「やはりでしたか・・・」ダルマ犬が察する。
「ねえ、モガちゃん、誰もタピってなかったよ!?それに2020はどうしたの?」
「コシンヤ姉さん・・・このコロナでタピオカブームはもう去ったっぽいのよ。
あと、東京2020の予定はまだ立ってないから。ちゃんとニュースを見て下さい。」
「えっ!そうなの?!私は認めないわ。コダルマ爺、東京でもう少し様子見よ!」
「そうですな、お嬢。ちょっとタイミングが早かっただけでしょうな!」
ポジティブな二人にため息をついたモガとダルマ犬であった。
つづく
コシンヤ
○渾名:コシンヤ(とコダルマ)(蔵王高湯系)

○工人:阿部進
=====================
阿部進也工人の作にも、この津軽風のダルマ付きタイプをがあったのですね。
小さいのに例によってユーモラスなダルマもよく出来ていて元気一杯ですね。
昨年流行語候補に
なった“タピる”ですが、なんとなくブームも去った気配です。
プリプリしてて美味しいし、夏に向けてまた流行るのかもですね。

その日クラブこけしに一人のこけし娘と、お付の一体のダルマ爺がやってきた。
娘は着物ともんぺ姿に可愛らしい帽子をかぶり、名を“モガ”という。
爺の方は、心なし犬っぽい顔立ちであることから、名を“ダルマ犬”という。
そのダルマ犬、店の前で正に犬の如く大層興奮した様子である。
モガとダルマ犬
「モガお嬢!とうとう爺の念願が叶いそうですぞ。」
「良かったわね犬爺、私のお付き卒業は寂しいけど。“下駄番”さんってどんな方なの?」
「“下駄番”様といえば下足一つから全てを見通す伝説の番頭さんなのです!」
先日、クラブこけしオーナーがあつみ温泉を旅行した際に下駄番の存在を聞きつけ、
ダルマ犬はこの度満を持してあつみ温泉の『阿部こけし店』より上京したのであった。
「爺はダルマこけしとして、阿部家とモガお嬢に仕えてまいった一方で、
下駄番様の弟子となり、“仕える”というもの神髄を、再び学ぶ事を夢見ておりました。」
嬉々として語るダルマ犬を見ながらモガは思う。
(物心ついてからというもの、犬爺には色々と我儘も言い苦労をかけてきた。
恐らく長らく我が家に仕え、犬爺ももう結構な歳ではあろうが、今や人生100年時代。
わたしも我儘はやめて、犬爺には心置きなく第2の人生を歩ませてあげよう。)
そうこうしているうち、約束の時間となり下駄番が現れた。
モガとダルマ犬と下駄番
下駄番(赤)「ようこそダルマ犬さん、オーナーから話は聞いていますよ。
私の元で修行したいとは高い理想をお持ちでなによりです。まだお若いのに。」
「よろしくお願いします下駄番様!」しかし、このやり取りを聞いたモガは怪訝に思う。
「あれ?犬爺って若いの?」「・・・・・。」黙るダルマ犬。
下駄番(黒)「お嬢ちゃんと同い年くらいじゃないの?同時期の作よね。」
「ああ、下駄番様、それをモガお嬢に知られては爺の威厳が!」
「犬爺・・・それってまだ第一の人生中じゃない?移り気が過ぎるわ。お付き継続ね。
とりあえずジュース買ってきて。微炭酸でよろしく。私もここに留まるわね。」
「ははッ!」と条件反射のように嬉々として対応するダルマ犬は、正に犬の如しである。
こうしてモガのお付きをしつつの、ダルマ犬念願の修行は始まったのであった。
つづく
モガ
○渾名:モガ(蔵王高湯系)

ダルマ犬
○渾名:ダルマ犬(蔵王高湯系)
○工人:阿部進
=====================
先日あつみ温泉に行った際、阿部進矢氏にお願いしたこけしとダルマです。
進矢氏のダルマはホント犬ぽく見えてしまいます。予てよりほしいと思っていました。
こけしの方のちょっと吊目で我儘な感じは、最近の工人の作風と思われます。
帽子こけしとダルマは目線がからむようお願いをし、可愛らしく仕上がりました。

クラブこけしオーナーの愛人が営むこけしのモデル事務所でのこと。
でこぱっち(店外36他)と、最近所属した“清見”というこけし娘が話していた。
清見とでこぱっち
「あー、目がシバシバする。この時期は花粉で本当に大変よ。」
「それ花粉のせいだったの清美ちゃん?でも年中そんな目してるじゃない。」
清美の目や眉は、しかめたようなクセのあるラインなのである。
「だから年中花粉症なのよ。私の一族は皆そう。杉やヒノキ以外にも、
夏はブタクサ、秋はススキ、とにかく一年中なのよでこぱっちちゃん。」
「じゃあ冬とか花粉の飛ばない季節はそんな目つきじゃないの?」
「そうよ。冬場のいっときだは、眉シャッキリ、お目々もぱっちりよ。」
「そうだったんだ・・・何だか清美ちゃんの一族って大変ね。」
アレルギー体質の一族を不憫に思う一方、でこぱっちは清美に嫉妬するものがあった。
「でもさあ清美ちゃんて、名前が美しいよね。名字もあるんだっけ?」
「うん、大泉ね。」
「“大泉清見”!!何なのよその綺麗な名前!凄い清涼感!私なんて“でこぱっち”よ!」
名前コンプレックスを持つでこぱっちは、清美の名前が羨ましいばかりである。
「清美ちゃん。もしだけど花粉症治るのと、名前が”でこぱっち”になるのどっちを選ぶ?」
「そりゃあ花粉症治る方かな。それに“でこぱっち”なんてカワイイじゃない。」
「よし、じゃあ決定!これからクラブこけしのオーナーのとこに行こう!
“でこぱっち”の名付け親の彼に、まず私と清美ちゃんの名前入れ替えてもらおう!」
「え?!何言ってるのでこぱっちちゃん?」
「花粉症は私が全力で治療に付き合うから!それでいいよね?」
「ちょ、花粉症はそんな簡単には、そうだ、私医者行って薬もらわなきゃ!」
「清美ちゃん、やっぱ”でこぱっち”嫌なんじゃん!」
「そ、そんなんじゃないけど、あ、時間だわ、じゃあねでこぱっちちゃん!」
名前の交換などできないと高を括っていた清美だが妙な現実味を帯びるにあたり、
そそくさとその場を去る、実は結構自分の名前を気に入っている清美であった。
つづく
清見jpg
○渾名:清見(弥治郎系)
○工人:大泉清見
=====================
本田家系統の弥治郎こけしが持つ独特な目つきおよび眉つき。
独特の下瞼の線はありませんが、大泉清見工人の一本で気に入るものがありました。
しかし名前の響きの素敵な工人さんですね。女性とばかり思ってましたが男性でした。
この方も若くしてお亡くなりになられたとのこと、なんとも口惜しいものです。

師走も押し迫ったその日も、クラブこけしの台所は大忙しであった。
「この時期の忙しさは異常ね!まんさくちゃん(店外33他)、そっち火加減どう?」
「は〜い、めし炊き姉さん(20話他)!」こなれた動きでをサポートするまんさく。
「ほんとウチも年々大所帯になって・・あ、セチ子ちゃん、お皿出してくれる?」
「は、はい!こ、こっちのお皿でいいですか?」
セチ子とめし炊きとまんさく
まだたどたどしい動きで必死に台所を駆け回っているのはセチ子。
年末の忙しさを予期し、めし炊きが採用した新人である。
「セチ子ちゃん表情が硬い硬い。リラックスしないともたないわよ!」
「そうよセチ子ちゃん!料理は愛情!そして笑顔よ!」
「は、はいぃっ!」
おせち料理がそれなりに得意ということで採用されたセチ子だが、
まだ日が浅く台所の勝手や、環境に慣れていないため動きは硬く、
その表情は何かストレスに耐え得ているかのような切ないものとなっていた。
そんな光景を傍から眺めていたのは、クラブこけしのネガティブ3人組、
ゴヘイ(48話他)、ボクッ娘(74話他)、Q(店外123他)であった。
セチ子とQとボクッ娘とゴヘイ
「セチ子ちゃんだっけ。名前の通り世知辛いって訴えてるような表情ね。」
「仕方ないよ。この時期他の皆はイベントを楽しんでいるのに、準備側なんだから。」
「そりゃ世の中恨めしいって顔にもなるわよね。絶対にあの娘、私達の側の娘ね。」
ネガティブな3人の勝手な解釈により一方的に同情され始めるセチ子。
そんな中、近くを通りかかったオーナーがセチ子に声をかける。
「セチ子ちゃんガンバなのだよ!今年のブログの大トリなのだよ!」
声を聞いたセチ子は一瞬微笑むと、また難しい表情に戻り仕事に集中し始める。
「良く分からないけど大トリだってセチ子ちゃん。ちょっと救いがあってホッとしたわ。」
こうして勝手な解釈の3ネガ娘は、その後セチ子とは親しくなっていったというが、
当のセチ子は実際何を思っているのか、その表情から読み取るのは難しいという。
つづく
セチ子
○渾名:セチ子(遠刈田系)

○工人:佐藤文男
=====================
グッとくる表情のやつを一本!と常々思っていた丑蔵型の一筆目こけしですが、
佐藤文男さんの作に納得でした。世知辛そうな表情なのでセチ子です。
切なげな表情が見るものの気持ちを写すようでなんともたまりません。
といったところで本年最後の更新となります。
皆様が良いお年を迎えられるよう、こけしを乾拭きしつつお祈り申し上げます。

このページのトップヘ