こけしブログ クラブこけし物語

クラブこけし物語と題したストーリーによって 所有するこけしを紹介

カテゴリ : 店外編:関東近郊

クラブこけしで働くこけし娘の内、女だてらにダンディと名高い“男前”(132話)と、
自分の親の名を偽って店への採用を目論んだ“タケニ”(135話)の二人は、
その日、男前がタケニを誘う形で、遥々と東京町田市までやってきた。
普段さほど二人に接点は無く、タケニはなぜ自分が誘われたのか分からない。
そんな二人が程なく到着したのは、かの白洲次郎の住宅であった『武相荘』。
武相荘1
農家の造りながら、何とも品良く風情ある建物で、現在は一般公開されている。
ここは白洲次郎を心の師と仰ぐ男前がかねてより訪ねたかった場所である。
武相荘2
「タケニさん。ここが戦後GHQを相手に堂々と渡り合った白洲の家ですよ!」
「ええと、うん、まあ、和風だけど垢抜けた家というか、なんというか。」
「流暢なイギリス英語を話し、従順ならざる日本人とアメリカに言わしめたお方です。」
「はぁ、気骨のある人だったんだね、そのシラス・・・さん?」
「秀逸なのは白洲の服装やルックス!英国仕込みのダンディズムがたまらないのです!」
「そ、そう、男前ちゃんが彼を凄く好きだってのはわかってきたけど、なぜ私・・・?」
タケニはなぜ自分が男前に誘われたのか、何となく聞けずにソワソワしている。
「タケニさん、あなた、今朝方泣いていましたね?」
「別に泣いては・・・!まさか、あの時の!?」
確かに朝方、タケニは足の小指をタンスにぶつけ、うずくまり泣いていた。
「聞けばタケニさん、あなた、自出を偽って店に採用を目論んだとか。
それを気にして時折泣いているんですね?でも大事なのは中身なのです!」
「あ、あれは別に、私的にはどうでも・・・(なんか色々勘違いされてる!)」
「ありのままの自分で勝負すればいいんです!そう、白洲次郎のように!」
男前がダンディに語るムードに、色々訂正するのも面倒になり、
「そうだね・・・男前ちゃん!」と返したタケニ。
男前は時折彼女の思うダンディズムに酔い、おせっかい気味に人を巻き込む癖があるが、
悪気は無いゆえ、今回のタケニを始め皆、それなりに楽しく付き合っているという。
つづく
=====================
武相荘、オシャレな家でしたが内部が撮影禁止の為あまりお伝え出来ず残念。
茅葺屋根の元農家なのに設えはスッキリとして、こけしが大層に合いそうです。
白洲次郎についても、これまで名前ぐらいしか知りませんでしたが、
多少人となりも何となく分かり、それなりにいい機会となりました。

クラブこけしに居着いて久しいこけしカップルの“ヒナオ”と“ヒナコ”。(104話
本来、春という季節限定で姿を現し、その後去っていくという妖精のはずが、
店の居心地が良かったようで現在はその姿を見せっぱなしで(一息7)、
あまつさえ最近はクラブこけしオーナーの散歩にまで付いてくる始末であった。
その日、カップルがオーナーの散歩にくっついてきた先は板橋区立熱帯環境植物館。
東南アジアの熱帯環境を楽しみながら学べ、ミニ水族館までも設けた植物館である。
チンアナゴの水槽前ではヒナオとヒナコが図々しい会話をしていた。
チンアナゴ
「オーナーもまた地味な散歩先を選んだものよ、のうヒナコさん。」
「そうじゃのうヒナオさん。もっと立派な水族館もあろうものを。」
「まあ、入館料が260円とあればオーナーの懐事情にも優しいというものよ。」
「高貴なわらわ達は、下々にはさぞ場違いに映っておろうのう、オホホ!」
「暇で付いてきた身でまた勝手なことを・・・」
カップルの発言にイラッとするオーナーだが、ここに来たのは理由があった。
自分たちの本分を忘れた彼らを嗜めうる存在がここにはいるのである。
「コラッ!ヒナオにヒナコ!つけ上がるでないぞ!」その声は水槽から聞こえた。
「朕(チン)の面前であるぞ!控えい!」
「チン・・・?どこかで聞いた声じゃのうヒナコさん。」
「ヒ、ヒナオさん!これじゃ!このチンアナゴがしゃべっておるぞよ!」
「朕に漸く気づいたか、まったく。それにオーナー殿に何たる物言いか!」
「も、もしや帝!な、なぜに帝がチンアナゴに!」
「朕は"チン"と付くものには変身できるのじゃ!」
「・・・これは帝、ご無礼を!」
こうしてヒナオとヒナコは帝(チンアナゴ)に日頃の放漫をたしなめられ、
春以外も世話なるならばもっとオーナーに敬意を払うよう叱りを受けたのであった。
つづく
=====================
チンアナゴの一人称が"チン"だったら面白いなという不敬?な話でした。
チンアナゴだけを急に見たくなったのです。しかし都内の立派な水族館は高くて、
目的に対してコストパフォーマンスが悪いなと思っていたところ、
ここの存在を知りとてもお得に願いが叶いいました。
植物館エリアも含め見応えもあり大変満足な施設でした。

7月初旬、こけし娘の“笠子”(121話)と“朝顔”(133話)は早朝から行動していた。
二人が訪れたのは東京下町の風物詩、入谷の朝顔市。まだ朝の6時半である。
早朝にも関わらず、入谷鬼子母神前はすでに朝顔の屋台と人々で賑わっていた。
それまで眠そうにしていた笠子だが、その光景にぱっちりと目を覚ました。
朝顔市
「朝顔ちゃん!まさか本当にこの時間からこんな混んでいるとは思わなかったよ!」
「信じていなかったのですか?朝6時にはもう混むと何度も言ったのに。」
「てっきり朝顔ちゃんが珍しく冗談を言ったと思ったのよ。」
「私はそういう冗談は言いません。」
笠子も真面目な方だが、朝顔は輪をかけて真面目で通っている、そんな二人である。
「ところで朝顔ちゃん、『ダンジュウロウ』て店の人が言ってるけど何かしら?」
「説明いたしましょう。朝顔で言う『団十郎』とは小豆色をした人気の朝顔です。
江戸時代、二代目市川團十郎が歌舞伎の演目で用いた衣装の色が由来です。」
「へ〜。さすが朝顔ちゃん、帯の模様にしているだけのことはあるわね。
ところで朝顔ちゃんって、いつも真面目だけど冗談とか言うことってあるの?」
「失礼ですね。私だって人々の笑いのツボくらい抑えていますよ。」
「じゃあ私が笑うようなこと言ってみてよ。出来たらかき氷おごってあげる。」
「いいですよ。じゃあ早起きした事だし、え〜、早起きは三文の徳などと申しますが、
さてここは奈良は三条横町の豆腐屋の六兵衛さん、今朝も早くから豆腐作りに・・・」
「待った待った。朝顔ちゃん、まさか落語始めたんじゃないでしょうね?」
「そうですよ。面白いから笠子ちゃんもきっと笑いますよ。」
「・・・プッ、ウププッふふ!やっぱり朝顔ちゃんは面白いわ。」
「?、まだ笑う所じゃないですよ?でも私の勝ちですね。」
想定の斜め上を行く発想により、本人の意図とは別の次元で笑いをとる朝顔。
そんな彼女を笠子ほか多くが愛してているのであった。
つづく
=====================
こけしの胴模様ゆかりの花シリーズでした。(店外編5253963109125
噂には聞くも早朝という時間帯に出渋っていたイベント、入谷朝顔市。
気合を入れて行ってみると、噂どおり朝7時前から結構な活気です。
こんな早朝から下町の方々は『粋』だなあと、なんとも感じ入ってしまいました。
朝顔ちゃんの父、小野寺正徳工人(7/24逝去)のご冥福をお祈りいたします。

鎌倉駅から北東に2.5キロ程、古刹瑞泉寺に至る参道でのこと。
クラブこけしのムグムグ、ゆう子、ししおどり(店外11他)とオーナーのやり取りである。
オタフクアジサイ
ムグムグ「よくぞこの地を見つけ出した、クラブこけしオーナーとやら!」
ゆう子「このオタフクアジサイの森によくぞたどり着いたものよ!」
ししおどり「我らオタフクアジサイ三美神、ねんごろにもてなそうぞ!」
写真を撮ろうとカメラを構えるオーナーの前で謎の小芝居が始まった。
「三美神?!何かなその設定は、謎のテンションだのう・・・」
怪訝に思うオーナーをよそに、クラブこけしの仲良し娘達の小芝居は続く。
ムグムグ「世の中には2000種を超える多種多様な紫陽花が存在するのだ。」
ゆう子「中でも花の縁が丸みを帯びるのが、このオタフクアジサイ。」
ししおどり「その可愛らしさたるや紫陽花界でも屈指!よくぞ目をつけたものよ!」
オーナー「確かにこの場所を見つけるのは苦労したけど。しかしそのノリは何なのかね?」
こけし娘達のテンションに乗り切れないままオーナーは写真を撮っている。
ムグムグ「そんなオーナーには褒美を授けようぞ!」
ゆう子「うむ、この地にたどり着いたお主へ我ら三美神からの見返りである!」
ししおどり「さあ、何なりと願いを言うてみるが良い!」
オーナー「本当ですか三美神様?ではお言葉に甘えて・・・
     私を健康で、かつお金持ちにしてください!!」
オーナーの口からは結構リアルな願いが飛び出した。
ムグムグ「・・・生々しいのが出てきたわね。」
ゆう子「そうね。しかも『健康』と『お金持ち』という贅沢な願いをダブルで。」
ししおどり「自分のことばかりね。そういうのホント覚めるわ~。」
オーナー「せっかく合わせてあげたのに!」
「違うのよね〜」と言いながらこけし娘達は不満げなオーナーを置き去りに、
楽しそうにオタフクアジサイの鑑賞を続けるのであった。
つづく
=====================
花びら(正確にはガク)が丸みを帯びて反り返るオタフクアジサイ。
単発で極まれに見ることもあるのですが、ここは群生しており正直感動しました。
瑞泉寺に至る手前の道で写真は6月初旬のもの。興味のある方にはおすすめです。
なお過去の紫陽花鑑賞は108話、107話、81話、14話です。ホント恒例です。

クラブこけしの歌担当“のど自慢”と“コーラス”(90話他)がとある花壇で話している。
横浜チューリップ
「オーナーさんがアタイら店の娘達の胴模様に因んだ花の写真を撮っているとは
聞いて知っちゃあいましたが、まさかお呼びがかかるとはね。」
「やったわねのど自慢ちゃん!それに横浜だよココ!」
「そりゃまあ連れて来て頂いてオーナーさんに感謝はいたしますがね。」
「なによのど自慢ちゃん、不満そうね。」
「しかしもっとこう、盛大なチューリップ畑は無かったもんですかいね!?」
横浜の『フランス山』の麓の花壇。
春の花々が一応咲いてはいるが、そこまで見応えのある感じでもなく、
のど自慢のみならずオーナーも少し拍子抜けした気分であった。
しかしそこは盛り上げ上手のコーラスがフォローをいれる。
「一本立ちのチューリップの方がのど自慢ちゃんの胴模様と同じでお似合いよ!」
「そ、そうかなコーラスちゃん!逆にアタイにお似合いなのかな!?」
「それに流石オーナー!桜の花びらと背景にはマリンタワー!アングルもバッチリよ!」
「そ、そうかな、それなりに絵になっているかな!?」
「後はのど自慢ちゃんの歌と、私のコーラスで盛り上がれば何も不足はないわ!」
「アタイやる気が出てきた!じゃあ横浜に因んで一曲いきますか!」
こうして気を取り直した二人は写真を構えるオーナーの前で歌い始めた。
「〔1番〕♪赤い靴〜(ワワ)は〜いてた(ワワ)女の子〜(ワワワ)♪
異〜人さんに 連〜れられて 行っ〜ちゃった(ワワワワ〜)♪
〔2番〕♪赤い靴(ワワ)見〜るたび(ワワ)考える〜(ワワワ)♪
異〜人さんに 逢〜うたび 考える〜(ワワワワ〜)♪」
盛り上げようと思った矢先だけに、唄いながら選択を間違えたと思うのど自慢。
写真も結局は焦点の定まらない微妙なものであったが、
コーラスのハモりで歌の方は、それなりに情緒をもって響いたという。
つづく
=====================
写真としては色々な要素が散漫な感じになっていますが、
ストーリーと合わせれば多少楽しく見ていただけますでしょうか。
童謡『赤い靴』の歌詞を初めてよくよく読みましたが妙に深い歌詞でした。
こんなブログをやっていると多少勉強の契機にもなっています。

このページのトップヘ