こけしブログ クラブこけし物語

クラブこけし物語と題したストーリーによって 所有するこけしを紹介

カテゴリ : 店外編:関東近郊

ある晴れた春の日、鎌倉の由比ヶ浜海岸にてクラブこけしのこけし娘、
カニ菊(店外編38他)とシダ子(140話)がのんびりと海を眺めていた。
由比ヶ浜
「天気も良いし広々してるし、何だか気持ちの良い日ねシダ子ちゃん。」
「そうねカニ菊ちゃん。まだシーズン前だし、昨今の騒動で人出も少ないのね。」
「これだけの砂浜だし、久々にアレでもやってみようか。」
そう言うとカニ菊は近くに落ちていた流木を拾う。山崩しをやろうと思ってである。
「あ、アレね。良いわね。じゃあその棒私に貸して。」
シダ子は流木で砂に大きく『王』の様な模様を書いた。
「ちょっと待ってシダ子ちゃん、何この『王』の字は?」
「え?何ってウンモ星人のマークよ。これから呼ぶんでしょ?」
「ウンモ星人!?呼ぶ??」
どうやらシダ子は広い砂浜をUFOとのコンタクトに適した場と捉えたようである。
「ちょっとシダ子ちゃん、なんでアレがこれなのよ!意味がわからないわ。」
「良いからカニ菊ちゃんも付き合ってよ!もしかしたら本当に呼べるかもしれないし。」
「いやよ莫迦々ゝしい。そんなことより江ノ電の20形見に行こうよ。かっこいいわよ。」
「それも結局自分の話じゃない。まず私に付き合ってくれたらそっちも付き合うわよ。」
返す言葉に詰まり、渋々とシダ子に付き合うことにしたカニ菊。
「し、仕方ないわ。じゃあ何をすればいいの。」
「私と手をつないで、私の言うとおり後から追って言ってね。行くわよ。
『ベントラー、ベントラー、スペースピープル!』はい続けて!」
「無理!何なのよそれ!」
「何って宇宙友好協会が認めたUFOコンタクトの掛け声よ!
言わなきゃ江ノ電見るのも付き合わないわよ。」
「うっ・・・べ、ベントラー、ベントラー、スペースピープル、なんか屈辱!」
もちろんUFOは現れなかったが、それぞれ思い出深い一日になったという。
非科学的な事を認めないカニ菊とオカルト好きのシダ子、凸凹感は逆に相性が良いらしい。
つづく
=====================
ノストラダムスやUFO、雪男、ネッシー、冝保愛子、等々、
この辺には大層胸をときめかせた少年時代を送ったものです。
おかげでどうでもいい知識が残り、ふとした時に蘇ってきます。
まさかそんな思い出がこけしと融合するとは思いもしませんでしたが。

春のある日、クラブこけしの歌謡曲担当“のど自慢”と“コーラス”(店外125他)は、
浅草近辺の隅田川沿いで滝廉太郎の『花』を高らかに歌い上げていた。
隅田川にて
「♪は~るの~(ワワ) うらぁらの~(ワワ) すぅみぃだぁがわ~(ワワワ)♪」
桜の頃合いも丁度良く、背景にはスカイツリーも堂々とそびえ立つという、
絶好のシチュエーションながらも、混雑してないという稀に見る状況であった。
一曲歌ったところで、のど自慢は感謝の意をクラブこけしオーナーに伝えた。
「オーナーさん、この度は最高のステージのご手配、誠に感謝いたしやす。
こんな場所で『花』を歌い上げるのが、アタイやコーラスちゃんの夢でござんした!」
「喜んでもらえれば何より、だが・・もう少し声を小さくお願いできるかな?」
「はて、なぜそのような遠慮が必要なのでしょうか?」
「いや、その、人間界には色々事情があってだね、この状況もその恩恵というか・・」
何ともバツの悪そうなオーナーである。
「ははあ、アタイにはわかりましたよ。例の‘新型コロナ’ってやつですね。」
「私も知ってるわのど自慢ちゃん。みんなステイホームとかいってるやつね。」
「つまりオーナーさんは、そんなムードの中ノコノコ花見にやってきたことに、
後ろめたさががあると、そういうわけでございやすね。」
「ま、まあそんなとこなのだよ。だからもう少し頭を低くしてだね・・・」
「わかりましたオーナーさま。こののど自慢ひと肌ぬぎやしょう!
そのコロナとやらに苦しむ人間界にエールを贈ろうじゃありませんか。」
「エールとは?一体何を。」
「自作の応援歌などいかがでしょう。コロナということなら・・・そう!
365歩のマーチならぬ、『567歩のマーチ』ってのは!ねえコーラスちゃん!」
「のど自慢ちゃんポジティブぅ!じゃあ私は3,3,7拍子ならぬ5,6,7拍子で、
合いの手を入れちゃおうかしら!」
「待った待った!気持ちは有り難いが、それは何だかアウトな気がするのだよ。」
そう言い二人のこけし娘を連れそそくさとその場を移動したオーナーであった。
つづく
=====================
そんな時期のせいもあり、思わずなかなかの写真が撮れたと思います。
時はちょうど「ゆるみが出た」とか言われていた時期、まんまとですね。
きっと例年ならもっと賑やかな場所だったんでしょう。
災禍の収束の兆しも出てきた今日この頃、早くストレス発散したいものです。

クラブこけしオーナーは毎年鎌倉に紫陽花を見に行くのだが、
その際店のこけし娘をピックアップし、紫陽花と共に写真に撮る事を恒例としている。
(過去の紫陽花ガールは126話、108話、107話、81話、14話です)
そんな紫陽花ガール2019は筒(店外124他)とデンゴ(142話)の組み合わせであった。
筒とデンゴと紫陽花
「ねえデンゴちゃん、私と紫陽花ってあんまり似合って無くない?」
「ナコトナイッス。ニアッテルッス。」
「デンゴちゃんは年季入ってるし、そのシャイ喋り方とかも紫陽花にお似合いよ。」
「シャス。テレルッス。」
「今日私、単にオーナーがあんみつ食べるって言うからついてきただけなんだよね。」
「アンミツッスカ?・・・」
そう言い口ごもると、デンゴはジッと筒を見つめる。
「何?デンゴちゃんどうしたの?なんか凄い目力なんだけど。」
「アンミツッスカ?・・・」
「そう、あんみつ。」
「アンミツッスカ?・・・」
「そうだってば。あ、もしかしてデンゴちゃんも食べたい?」
「・・・タベタイッス」
「めんどくさ!言えばいいのに。シャイな割に目力訴えが凄いんだから。
まあでも、その目力は心強いわ。よし、じゃあオーナーに一緒にたかりにいこう。」
デンゴの目力は功を奏し、その後無事あんみつにありついた二人のお茶時会話。
「そう言えば今度、赤んぼ先生の代わりに非常勤の若先生ってのが講義にくるんだっけ?」
「ヒジョウキン・・・ドコカラスカネ。」
「フランスのこけしの大学だか何だか。確か店に写真も貼ってあったよ。」
「コケボンヌッスネ。」
「コケボンヌ?!ふざけた名前の大学ね。まあ楽しみにしておこうかしら。」
筒とデンゴのそんな会話であんみつタイムは過ぎていった。
若先生
つづく
=====================
特に脈絡のないこけし同士の組み合わせでの紫陽花写真ですが、
ともにどっしりしており、目線もうまい具合に可愛らしい写真となりました。
この日鎌倉で入手したこけし(若先生)も早速喫茶店で写真を撮ったら、
それっぽいのが撮れてしまったので、予告的におまけとしました。乞うご期待です。

まだ桜の頃、クラブこけしの無類のアイスクリーム好き“アイス”(店外39他)と、
胞子のようにフラフラとクラブこけしに舞い込んだ“ワラビ”(店外113131話)は、
その日は揃って日暮里駅近くの、桜咲く谷中霊園内を散歩していた。
「ワラビちゃんいつもぼんやりしてるから分かり辛いけど、同郷の私には分かるわよ!」
「・・・なんだか、ウズウズするの・・・体に力が湧くような・・・」
「だよね!この芽吹きの季節、私の胸のバラもウズウズするんだから、
ワラビちゃんの蕨なんか尚更でしょ!」
「桜とか春の草花達から・・・何だかエネルギーが流れ込んでくるの・・・!」
春のエネルギーを得るべく、アイスはワラビを誘い桜咲く谷中霊園を訪れたのであった。
谷中霊園
「でもここ一応霊園だから、変なエネルギーは取り込まないでね。
ワラビちゃん、ぼんやりしてるから何だか心配だわ。」
「・・・だいじょうぶよアイスちゃん、流石にそれは・・・おっ、おふっ!」
ワラビが急にビクビクとし始める。
「何!?どうしたのワラビちゃん?大丈夫?!」
「・・・西郷よ!大政奉還じゃ!余は大政を奉還するぞ!」
「何言ってるのワラビちゃん?大政奉還って・・・まさか、徳川慶喜!?」
「いかにも、余は徳川慶喜。大政奉還をしようと思うのじゃ。」
「谷中霊園に眠っている慶喜公が、もしかしてワラビちゃんに憑いちゃったの!?」
「その通りじゃ。大政奉還をすると何かと良いと思うのじゃ。」
「それにしたって、さっきから何だか話が浅くない?本当に慶喜公なの?」
「疑っておるな?!余はこの者の体を借りて・・・おっと時間じゃ、サラバ!」
再びビクつくワラビを怪しそうな目でアイスは見ている。
「・・・あれ、ここはどこ・・・?あ、アイスちゃん、今私何か言ってた?」
「・・・ワラビちゃんて、意外と面白いセンスもっていたのね。」
憑依の真偽は定かでないが、そこにアイスは突っ込まないまま、
二人は楽しく花見を続けたのであった。
つづく
=====================
著名人も多く眠る谷中霊園ですが、徳川慶喜もその一人のようです。
ちょっと前までNHK『せごどん』を見ており、付け焼刃で学んだところでした。
霊園での花見は場所柄どんちゃん騒ぎが起きないので静かに楽しめますが、
そこでこけし写真を撮るのが罰当たりではないかといえば、なんとも微妙です。

初春のある日、南部こけし3人娘の“キナキナ”、“アサイ”、“おしん”(店外27他)が、
クラブこけしのオーナーに不満をぶつけていた。
キナキナ「どういうことよオーナー!話が色々違うじゃないのよ!
『西荻アンティーク女子散歩〜トトロの樹を眺めに〜』って言うから来たのに!」
アサイ「そうよそうよ、何か素敵な企画タイトルだから楽しみに来たのに、
オーナーがもたもたしてるからアンティークショップもう終わってるし!詐欺だわ!」
おしん「それにこの『トトロの樹』ってどうなのよ。なんだかいまいちだし。
そもそもまだ葉っぱもないじゃない!」
オーナー「・・・すいません、ほんと。」
ここは西荻窪の『区立坂の上のけやき公園』。
『トトロの樹』として住民に親しまれているけやきの木を擁する公園である。
トトロの木
オ「西荻はなかなか来ないから、ラーメン屋とか色々めずらしくてのう・・・。」
キナ「おかげで楽しみにしてたアンティークの前に日が暮れちゃったじゃない!」
オ「まあ、お詫びと言っては何だがトトロの樹と共に記念写真を撮ってあげよう。」
キナ「こんな冬木と撮ったってトトロな雰囲気出ないわよ。」
オ「まあまあ、お三人とも並んで並んで。そうそう!自然な表情でね。」
アサイ「な、なんなのよ、大した写真にならないって言ってるのに。」
オ「下から煽る感じでいくのだよ。うん、いいね〜!みんな写真映えするね〜!」
おしん「ちょ、ちょっとオーナー!撮るときは撮るって言ってよね。」
オ「いや~、3人とも流石南部美人だね〜。樹の葉は無くとも華があるのだよ!」
キナ「ヤダもう、オーナーったら、別に上手くないからね。
みんな、目だけはつむらないようにするのよ!」
おだてることでご機嫌取りに成功したオーナーであったが、
トトロの樹はやはりさほどでもなかったと、オーナー自身も感じるのであった。
つづく
=====================
久しぶりの西荻窪で、思わぬ店の発見などあり当初の目的は果たせず。
でもそんな感じのぶらぶら散歩も楽しみの一つですね。
なんとなく事前に調べ知っていた『トトロの樹』、正直それほどでもなかったのですが、
住民にとってはその思い出や存続の努力など、いろいろ思い入れがあるようです。

このページのトップヘ