こけしブログ クラブこけし物語

クラブこけし物語と題したストーリーによって 所有するこけしを紹介

カテゴリ : 店外編:こけしの産地・温泉

昨年末、クラブこけしオーナーの年1回のお楽しみ温泉旅行で訪れていたのは、
宮城県は青根温泉にある湯元不忘閣であった。
開湯1528年、伊達公ゆかりの湯として歴史ある温泉宿である。
そこに建つ『青根御殿』を背景にオーナーは店のこけし娘“おそば”(113話)の写真を撮ろうとしていた。
青根御殿1
「なんとも風情のあるお宿と景色ではないか!おそばちゃんも地元で懐かしかろうて!」
「ええ・・・まあ、そうですが・・、しかし浴衣1枚でこんなに窓を開けて寒くないですか?」
「なんのこれしき。素敵なこけし写真のためなら屁のカッパなのだよ!」
写真撮影にハッスルするオーナーのテンションに、まだ店での日が浅いおそばは引き気味である。
そして時折オーナーのタガが外れることを彼女はまだ知らない。
「何かこう、もっと刺激的なショットは無いもんかのう。折角の雪景色だし・・・そうだ、おそばちゃん!」
「な、なんですか?」
「確かおそばちゃんの胴の底には何も書かれて無かったのだよね?」
「そうですけど・・・それがどうか、え?キャーッ!!」
オーナーはおそばをむんずと掴むと宿の中庭に飛び出し、彼女を雪の上に立たせた。
青根御殿2
「キャーッ!冷たい!オーナーのバカーッ!裾に雪が滲みちゃう!」
「一瞬の我慢なのだよ!良い写真の為に頑張るのだよ!ウハハハ!」
訴えてやる!と叫ぶおそばだが、写真撮影に目の色が変わったオーナーの耳には最早届かない。
撮影を終え逃げ去ったおそばの雪の跡に、うっすら残る赤い染料の跡を見て我に帰ったオーナー。
おそばに平謝りするも、彼女は未だオーナーと口をきいてくれないらしい。
つづく
=====================
某雑誌には雪中のこけし写真があり、なんと無茶な!と思っていたのですが、
つい自分も出来るかなと魔が差したところ、やはり傷を負いました。当たり前ですね。
この市助のこけしは銘が底に入ってないので、にじむものは無いと思ったのですが、
裾の赤が少し染み出てしまったようです。
本当にすいません、もうしません。

サーバ2
昨年末、クラブこけしにスカウトされたこけし娘サーバ(107話)は、
東京へと旅立つ前に地元『なかむらや旅館』にて名残を惜しんでいた。
サーバ1
「東京のクラブこけしで頑張らなきゃ。この旅館とも少しお別れね。
創業明治23年。白壁土蔵造りの江戸館と、総けやき造りの明治館からなる建物なの。
その古めかしさから今のおかみさんは子供の頃、幽霊屋敷に住んでいるといじめられたものよ。
震災では各所に傷みが出てしまって、その復旧にすごい額の費用がかかったの。
お宿にはウェブページが無いから、直接電話してみないといけないのよ。」
「ちょっとサーバ、さっきから一体誰に紹介してるのよ!」
サーバ3
現れたのは同郷で、ひと足早く東京に出ていたサバ子(48話)である。
「あ、サバ子ちゃん、来てたのね。」
「来てたわよ。オーナーにくっついてきてたの。」
「ねえサバ子ちゃん。クラブこけしってどんなところなの。私にやっていけるかしら。」
「個性的なこけし娘が沢山いるけど・・・、まぁアンタなら大丈夫よ。」
「ええ!そんな個性的なの?私、キャラが薄いから何とかしなくちゃ!」
「いや、アンタ別にそんな薄くないと思うけど・・・。」
「そうだ!私、帰国子女の転校生みたいな体で行くわ!ちょっと謎めいた感じを出すの!!」
「・・・、好きにしなさいよ。そんなアンタなら大丈夫よ。」
「ウィ、ワサンボン!!」
(和三本?フランス風なつもりかしら?大丈夫かしらサーバ。)
?を感じつつ今回もサバサバとしたアドバイスをくれたサバ子であった。
こうしてサーバはクラブこけしにて107話のような謎のデビューを飾るのであった。
つづく
=====================
昨年末は『なかむらや旅館』に宿泊することができました。
お化けが出るという話もありましたが、霊感は皆無なもので見れませんでした。
今やこけし色が結構薄い飯坂温泉で、なかなかにこけ情緒あふれるお宿で、
大変満足いたしました。おすすめいたします。
お宿のお風呂も案の定熱かったものです。

クラブこけしオーナーの年末恒例温泉旅行で、やってきたのは福島県飯坂温泉の鯖湖湯であった。
鯖湖1
ついて来たこけし娘は、キナキナ(17話ほか)、おしん(41話ほか)、アサイ(42話ほか)である。
日々、『女子力』なるものの研鑽に余念の無いアサイがウキウキと皆に言う。
鯖湖2
「女子旅よ!キナキナちゃん、おしんちゃん、女子旅だね!なんか女子力上がるね!!」
「うん・・・、まあ、温泉旅行だね。ところでおしんちゃん、オーナーは?」
「誰かスカウトに行くとか言ってどこかに行っちゃったけど。」
「ちょっと二人とも、オーナーなんてどうでもいいわ。女子旅よ!女子だけで楽しみましょ!」
アサイは憧れだった『女子旅』でテンションが上がり、『女子』を連発するのであった。
「ほら、猫もいるよ!猫ってなんだか女子力上がるよね!『女子猫』ね!」
「いや、あれオスだよ。」キナキナが冷静に言う。
「それに『鯖湖湯』だなんて、何だか女子のトキめく個性的な響きよね!もういっそ『女子湯』でよくない?」
「なんだか女湯みたいになっちゃうよ。一応男湯もあるんだしさ。」おしんも冷静に言う。
「もうっ!二人とも!!女子力を上げて、もっと女子旅を楽しんでよ!!」
キナキナもおしんも旅行は楽しんでいるが、アサイの言うところの『女子力』の定義が良く分からない。
「アサイちゃん、その、『女子力』とか『女子~』って、そもそもどんなニュアンスなの?」
「う、うぅ~ん、それはつまり・・・そのー、もう!!細かい事言わないで!私達が楽しければいいのよ!」
結局良く分からなかった二人だが、アサイの熱意に押され細かい事は気にしないと決めるのであった。
「分かったわアサイちゃん!じゃあ、あの女子猫を撫でて、女子湯に浸かり、
その後は女子飯を食べて、夜は女子枕投げをしようね!」
「そうよ!その調子よ二人共!女子力上げていくわよ!!」
こうしてこけし三人娘は女子旅を大いに楽しみ、一方のオーナーも現地スカウトが上手く行ったようで、
それぞれに満足のいく年末となったのであった。
つづく
=====================
佐々木覚平工人作の三人娘、セットで並べると、
おじさんが割って入れない程の女子っぽい結束力が出ます。
実は他のこけしも持って行っていたのですが、絵的にはじかれてしまいました。
ともあれ、女子の元気の良い社会は良い社会だと思っております。
鯖湖湯、熱かったけどとても良かったです。
ゲットした例のご当地こけしも遠からずご紹介いたします。

クラブこけしのオーナーと愛人は、冬の肘折温泉へ行ったときのこと。
肘折出身で、こけし業界組織の会長“イクさん”
50話)が黙っているはずもなく、
当然のように旅行に着いてきた。
肘折1
行きの新幹線内から、とうとうと肘折温泉についてオーナーに語ってくるイクさん。
「ちょっとオーナーさん、あなた冬の肘折をナメるんじゃないわよ。」
「そんな、イクさん別にナメてませんよ。」
「外を御覧なさい。もう雪景色よ!新幹線なんか乗ってる時点で甘ったれよ!私の若い頃なんか・・・」
「ほら、もう新庄駅に着きますよ。ここから旅館の送迎バスが来ますから。」
「送迎バス!?まったく甘やかされて!かつての冬の肘折温泉は陸の孤島だったのよ!!」
なぜかイクさんに説教をされながらの移動となったが、昔を語る彼女は誇らしげである。
肘折2
「いやぁ、だんだんらしくなってきましたね。雪があんなに。」
「ふん。こんな薄皮程度、片腹痛しよ。肘折の雪を語るのは5メートル積もってからにして!
それを父の言いつけで私は毎日せっせと・・・、オーナー!、あなた雪下ろしした事あるの?まったく!」
説教風の昔自慢をするイクさんはやはり活き活きとしている。
こうして肘折温泉は丸屋旅館に着いたオーナー一行。
温泉街でスカウトした“文子”(91話)とイクさんを客室の棚に鎮座させ、一同一息つくのであった。
肘折3
説教じみていたイクさんは、打って変わってニヤニヤと棚から話しかけてくる。
「どう?良い旅館でしょう。オーナーさん、これから愛人さんとシッポリするんでしょ?まったく。
冬の温泉宿ですものねえ。ささ、私達にはお気遣いなく、ね文子ちゃん。」
「はい!イクさん。オーナーさんと愛人さん、何をされるのかしら(ワクワク)。」
イクさんはワイドショー好きの下世話なおばさんと化していた。これもまた彼女の一面である。
「べ、別に何もしませんよ・・・。お風呂に行ってきます。」
「あらま~、拍子抜けねぇ。まあどうぞごゆっくり。私も雪景色を楽しんでますわ。」
小さいながらも終始パワフルに久しぶりの故郷肘折温泉を満喫していたイクさんであった。
つづく
=====================
写真の雪は、肘折温泉的にはまだまだとのことでしたが、十分堪能いたしました。
山を分け入るとぽっかりと現れる肘折温泉、確かにかつて冬は陸の孤島だったのでしょう。
ちなみに家の“イクさん”は己之助工人なので、本当は仙台出身です。
しかしながらこけしって、じっとこっちを見てるんですよね。
そうやって置いてるんだから当然ですが、気にする人もいるかも知れません。
家のこけし棚からの一斉目線には私はもう慣れ増したが。

クラブこけしのオーナーと愛人のお忍び土湯温泉旅行に、クラブこけしの赤マント(76話他)が付いてきた。
『大人の女』に憧れる赤マントは、故郷土湯温泉の姉様方からアドバイスの聞き込みに励んでいた。
土湯1
「そうねえ、大人の女ねぇ。どうしたらいいかしら。」
「カフェじゃない?それもアンティークカフェ。そこでくつろいでこそ大人の女じゃない?」
「あと大人の女と言えば『ハンサムウーマン』よね。」
「赤マントちゃん、結論が出たわよ!会津若松のアンティークカフェでくつろぎなさい!
そしてあなたも『八重の桜』になってらっしゃい!ハンサムウーマンこそ大人の女よ!!」
的を得ているのか怪しい、かつ旬を逸したアドバイスだが、しごく納得したらしい赤マント。
「あ、ありがとうございましゅ姉様方!」

こうしてオーナーは赤マントにせっつかれ、土湯温泉から会津若松のアンティークカフェにやって来た。
注文したケーキにがっつく赤マント。
「うまっ!ケーキうまっ!とまらないでしゅ!」
愛人が微笑み赤マントに言う。
「大人の女はもっとくつろいだムードをカフェでは醸すものよ。ハンサムウーマンを目指すんでしょ?」
「そうしたいんでしゅが・・・、ケーキうまっ!紅茶渋っ!ケーキうまっ!」
ハンサムウーマンとは何なのかはさておき、赤マントを微笑ましく写真に収めたオーナーであった。
土湯2
つづく
=====================
土地柄の伝わらない写真で恐縮ですが、そんなルートの旅行でした。
当時、震災の影響で活気に陰りのあった土湯温泉。
こけしパワーでの盛り返しを願っております。
『とあるこけし屋の姉様方』の真ん中の斉藤
太治郎工人の作、素敵でした。
喫茶店は会津若松の七日町通りの『三番山下』さん、一応情報まで、これも素敵でした。
そして当時、町中に『八重の桜』のポスターでした。

このページのトップヘ