その日クラブこけしに一人のこけし娘と、お付の一体のダルマ爺がやってきた。
娘は着物ともんぺ姿に可愛らしい帽子をかぶり、名を“モガ”という。
爺の方は、心なし犬っぽい顔立ちであることから、名を“ダルマ犬”という。
そのダルマ犬、店の前で正に犬の如く大層興奮した様子である。
モガとダルマ犬
「モガお嬢!とうとう爺の念願が叶いそうですぞ。」
「良かったわね犬爺、私のお付き卒業は寂しいけど。“下駄番”さんってどんな方なの?」
「“下駄番”様といえば下足一つから全てを見通す伝説の番頭さんなのです!」
先日、クラブこけしオーナーがあつみ温泉を旅行した際に下駄番の存在を聞きつけ、
ダルマ犬はこの度満を持してあつみ温泉の『阿部こけし店』より上京したのであった。
「爺はダルマこけしとして、阿部家とモガお嬢に仕えてまいった一方で、
下駄番様の弟子となり、“仕える”というもの神髄を、再び学ぶ事を夢見ておりました。」
嬉々として語るダルマ犬を見ながらモガは思う。
(物心ついてからというもの、犬爺には色々と我儘も言い苦労をかけてきた。
恐らく長らく我が家に仕え、犬爺ももう結構な歳ではあろうが、今や人生100年時代。
わたしも我儘はやめて、犬爺には心置きなく第2の人生を歩ませてあげよう。)
そうこうしているうち、約束の時間となり下駄番が現れた。
モガとダルマ犬と下駄番
下駄番(赤)「ようこそダルマ犬さん、オーナーから話は聞いていますよ。
私の元で修行したいとは高い理想をお持ちでなによりです。まだお若いのに。」
「よろしくお願いします下駄番様!」しかし、このやり取りを聞いたモガは怪訝に思う。
「あれ?犬爺って若いの?」「・・・・・。」黙るダルマ犬。
下駄番(黒)「お嬢ちゃんと同い年くらいじゃないの?同時期の作よね。」
「ああ、下駄番様、それをモガお嬢に知られては爺の威厳が!」
「犬爺・・・それってまだ第一の人生中じゃない?移り気が過ぎるわ。お付き継続ね。
とりあえずジュース買ってきて。微炭酸でよろしく。私もここに留まるわね。」
「ははッ!」と条件反射のように嬉々として対応するダルマ犬は、正に犬の如しである。
こうしてモガのお付きをしつつの、ダルマ犬念願の修行は始まったのであった。
つづく
モガ
○渾名:モガ(蔵王高湯系)

ダルマ犬
○渾名:ダルマ犬(蔵王高湯系)
○工人:阿部進
=====================
先日あつみ温泉に行った際、阿部進矢氏にお願いしたこけしとダルマです。
進矢氏のダルマはホント犬ぽく見えてしまいます。予てよりほしいと思っていました。
こけしの方のちょっと吊目で我儘な感じは、最近の工人の作風と思われます。
帽子こけしとダルマは目線がからむようお願いをし、可愛らしく仕上がりました。