高山を後にしたクラブこけし一行はオーナー念願の地、白川郷へとやってきた。
白川郷1
しかし何やら、よう子、もり子、富士額の津軽娘たちの不満が収まらない様子である。
「流石オーナーね、逆に見直す程よ。あと三日で大晦日よ?ねぇもり子ちゃん。」
「全くね。もうすぐ❝ゆく年くる年❞の撮影でしょ。どうしてくれるのオーナー?」
「ごめんね皆。“富士額”の名を持つ私がついていながら、面目ないわ。」
「いやいや富士額ちゃんは悪く無いわよ。オーナーの『雨男』ぶりは最早無敵ね。」
白川郷2
近年稀に見る暖冬で白川郷に雪は無く、しかもその日はあいにくの雨模様だった。
「おかしいのう。自分は晴男だと思っているんだが・・・。」
「いい加減認めなさいよ雨男!せめて雪にできなかったの?!」
「でもよう子ちゃん、問題はそればかりじゃないわ!この観光客の量は何?!」
「例によって外人ばかり・・・これじゃあ住民は生活どころじゃないわね・・・」
傘で移動しづらく観光客数も多い一方、休憩場所どこも満席。
一行は何とか内部公開をしている合掌造りの家に入ることができた。
「やっと一息つけたわ。しかしえらい状況だったわねオーナー。」
「うむ。1995年の世界遺産登録以来、今や年間150万人の訪れる一大観光地。
嘗ての長閑な山村は、今やオーバーツーリズム問題に悩んでいるのだよ。」
「現役の生活地域だものね。私達も来ておいて何だけど、考えさせられちゃうわね。」
悪天候と白川郷の状況を目の当たりにし、重いムードが漂う娘たちにオーナーが言う。
「まあまあ、そう暗くならず。折角だし写真でも撮ってあげよう。」
果たしてオーナーの撮影したデジカメ画像を、津軽娘たちは覗き込んだ。
白川郷3
「あら、ムード出てるじゃない。」
「うん、悪くない写真ね。オーナーにしては上出来ね。」
「これはいい思い出になるわね。やっぱり旅行はいいわよね。」
オーナーの比較的奇跡の一枚で、気分を盛り返し始めた津軽娘たちであった。
つづく
=====================
『雪の白川郷』の期待に反し、しかも雨。誠に残念でした。
建物内では床に寝転がりカメラを固定。結果割と上手く撮れたと思います。
近年の許容量を超えた観光客問題を垣間見た旅行ともなりました。
需要と対応の限界、日本の観光立国化は問題がまだまだありそうです。