昨年末の事、クラブこけしオーナーは念願であった飛騨・高山へとやってきた。
ついてきたのは、富士額もり子よう子の津軽3人娘である。
伝統的街並みの残る高山市内はインバウンドの観光客で大賑わいであった。
高山1
「何この外国人の量は!?芋洗い状態じゃない!上海?ハノイ?何なのもり子ちゃん?」
「本当ね富士額ちゃん。最早日本語が聞こえてこないわ。」
「浅草とか大阪とか行けばいいのに、なぜ岐阜なんかに?皆どれだけ通なのよ!」
「よう子ちゃんそれは岐阜に失礼よ、でもオーナーも岐阜は初めてなのよね?」
「ていうかオーナーちゃんと写真撮ってよ。そんな影からコソコソと!」
「そうよそうよ。ホント小さい男ね。ちゃんと金○マついてるのオーナー!」
「ヤダよう子ちゃん!そんな言葉、はしたないわよ。ウフフフッ!」
津軽娘たちが興奮気味に、多少言葉が過ぎながらも観光を楽しむ一方、
あまりの混雑と外人に気後れし、堂々と写真も撮れないオーナーは音を上げる。
「ダメである。ここでは上手く撮れんのだよ。ちょっと場所を変えてもいいかね。」
一行は通りを何本か移動し、多少落ち着いたエリアへと至った。
「よし、ここなら何とか行けそうである。さあ、女子達そこに皆並びなさい。」
「まったくそんなだからオーナーの腕はいつまでたっても・・・」
オーナーへの不満を口にする津軽娘達の頭上から、俄かに話しかける声があった。
高山2
「高山へようこそお嬢さん方。」
「キャッ!びっくりしたわ。お狸様、喋れたんですね。」
「いかにも。観光はお楽しみかな?しっかり高山を堪能していきなされ。」
「流石はお狸様。オーナーと違って頼もしいわね。」
「そりゃそうよ富士額ちゃん。見てみなさいよこの金○マ。桁違いよ。」
「だからよう子ちゃん、はしたないっ、てホント桁違いね!ウフフフッ!」
インバウンドに負けじと、散策ややつまみ食いと、高山を満喫した津軽娘達であった。
つづく
=====================
まだコロナショック前、昨年末の高山はインバウンドで溢れかえっていました。
そこまでアクセスの良い地域ではないと思われますが、大したものです。
とはいえ私も来てみたかった地域、念願叶ったところではあります。
こけし写真は外人の興味を引いてしまい、なかなかにやりづらかったです。