あつみ温泉で一泊したクラブこけし一行。翌日は山形県内の名所を巡る予定である。
出発前にこけし娘のシンヤと梅子は観光に際して意気込みを確かめあっていた。
「単なる観光じゃないのよ梅子ちゃん!新たなファッションの模索が目的なのよ。」
「そうねシンヤちゃん。おしゃれアンテナを常に立てる、それが私達よね。」
あつみ5
はてさてまず訪れたのは修験道の山岳信仰の山として知られる羽黒山。
山中の参道を進んだ先の五重塔を前に、二人のファッション模索は始まる。
「梅子ちゃんどう?何か斬新なファッションアイデアは湧く?」
「うーん、羽黒山と言えば何となく“天狗”よね。」
「天狗!すっごくファッション示唆に富んだキーワードだわ!」
「それにしても静謐な佇まいの塔ね。杉林の中で凛としていてとても素敵ね。」
「全くね。何だか霊験あらたかな感じね。せっかくだし御朱印もらいに行こう。」
あつみ6
次に訪れたのは酒田市の『山居倉庫』。かつては北前船で栄え、
今や物産館なども併設され、観光客に人気の現役の倉庫である。
「黒いくてシックな倉庫ね。梅子ちゃんファッション的にはどう?」
「そうねシンヤちゃん。酒田といえば“おしん”よね。」
「おしん!これもなかなかファッション示唆に富んだキーワード!」
「リズミカルな黒い倉庫屋根と木々と水辺。ほんと素敵ね。」
「全くね。あっちのお土産見に行こう!おいしい煎餅をゲットするわよ!」
あつみ7
次に訪れたのは庄内砂丘。全長35km、日本三大砂丘の一つとも言われる場所である。
「長大な砂浜ね!梅子ちゃん、ここにファッションのヒントはあるかしら?」
「庄内砂丘といえば、安部公房が小説“砂の女”の着想を得た場所よね。」
「砂の女!これまたなんとファッション示唆に富んだキーワード!」
「ねえねえシンヤちゃん、何だかこれピラミッドっぽくない?」
「全くね。砂丘だし雰囲気あるね。一曲唄うわ。月の〜砂漠を〜♪」
シンヤと梅子のやり取りをずっと聞いていたレインボーが遂に突っ込む。
「結局ただの観光じゃん!!示唆に富むとか言ってるだけでファッション関係なし!!」
こうしてピラミッドにはきれいな虹をかけたレインボーだった。
つづく
=====================
というわけで最後は駆け足の私の山形観光の御紹介でした。
庄内砂丘はなかなかの穴場なのではないでしょうか?
一泊ではもの足りず、もっと時間をかけて観光したかったところですが、
当初の目的のシンヤと故郷の記念写真が撮れてそれなりに満足はしました。