新潟県糸魚川市の日本海側、筒石海岸を散策していた若先生とツタフミ・一子は、
若先生の先導で筒石集落へと移動。街並みを目にしたツタフミは驚愕の声を上げる。
筒石1
「す、凄い密度の木造家屋群!しかも三階建がずらり・・・!!
若先生、これは一体どういう状況なのですか!?何かの産業の集散地ですか?」
「全て通常の住宅が集まった漁村集落ですよ。私も最初は驚いたものです。」
「今でこそ木造三階建住宅は珍しくないかもしれませんが、
ここはどれも年季の入った家ばかり。しかもここまで建て込むなんてなぜ?」
「ここは通称『筒石の断崖下の街並み』と呼ばれています。
街の裏側には急峻な山並みが迫り、かつその向かいは日本海。
山と海に挟まれた家々はその敷地を活かすべく上へと伸びた結果なんですよ。」
「なるほど・・・、とはいえこの光景は圧巻ですね!」
筒石2
一同息を飲みながら街路を散策する中、一子が家々のある特徴に気がつく。
「若先生、玄関先の街路に面して流し場を備えている家が結構多いですね。」
「ええ、恐らく漁港街ということで、魚の処理等に便利なのかもしれませんね。」
「なるほど。」
「あとこれは推測ですが、この街並みは火災に対し大変に不利な構造と思われます。
水場が通りにあると、初期消火の観点から有効に協力しあえる様にも思われます。」
「確かに。街並みを維持していくと言うのは大変なんですね。」
「かくいう私も“若先生”の名を冠する手前、その維持は色々大変な部分があるのですよ!」
それを聞き一子がハッとする。
「若先生?!もしかして実は結構なお歳なので?」
若先生の、“名前と見た目の割に結構なオヤジ”疑惑を抱いていた一子が聞き返す。
「フフフ。詳細は秘密ですよ!ただこの名に恥じぬようには心がけたいものです!」
その心がけが上手く言っているのか微妙に思う一子であったが、
このちょっとした告白で、これまでの若先生の言動が多少腑に落ちた一子であった。
つづく
=====================
この筒石の街並みに対する私の驚きも伝わりましたでしょうか。
ここまでの三階建て含む住宅密集地を正直見たことがありません。
観光地にもなっていませんが、まだまだ日本の街並み観光も侮れないものです。
ちなみに若先生と私は実は同い年!アンチエイジングに気を割く今日この頃です。