クラブこけしでは従業員の福利厚生として定期的に教養講座を開催しており、
主に講師を務めているのが“赤んぼ先生”(店外76他)である。
ある日、先生は書生で助手の“ツタフミ”と“一子(イチコ)”(店外108他)を呼び出した。
「急に呼び出してすまんでち。実は次回の講義日の都合が悪くなったんでち。」
「そうですか先生。じゃあクラブこけしに休講の連絡をしておきましょうか?」
赤んぼ先生を心より尊敬する有能な書生のツタフミが気を使い確認をする。
「それには及ばんでち。私の知り合いで“若先生”という若者がいるんでち。」
「若先生!?」
「うむ。若いのに非常に優秀で中々の好青年。彼にピンチヒッターを頼もうと思うでち。」
ツタフミは何やら面白くない。尊敬する先生から高い評価を得る若先生とやら、
聞けばコケボンヌ大学の非常勤も務めるという。勤勉な書生であるツタフミからすれば、
大学と言えばサークル、合コン、男女の刹那的交際等、浮ついたイメージしかない。
彼女は金髪で色黒マッチョなサーファー男子を漠然と想像しつつ先生に聞く。
「その若先生ですか?そんな学生みたいなのに先生の代わりなんか務まるんですか?」
「君達には当日助手も頼みたいし、今日は彼を呼んでいるでち。若先生、カモンでち!」
「そんな、私、先生以外の助手なんて嫌ですか・・・ホゥッ!?」(BGM♪
若先生と赤んぼ先生
現れたのはツタフミの予想に反し、まだあどけなさすら残る小柄な青年なのだが、
その表情や物腰は気品とインテリジェンスに溢れておりツタフミは息を飲む。
「初めまして、若先生と申します。よろしくマドモアゼル!」
「マ、マドモアゼル!?・・・私、ギャップ萌えかもしれない・・」
赤ん坊姿なのに博識でにキリリとした眼差しの赤んぼ先生を尊敬するのも、
その"ギャップ萌え"からであろうが、そんな自分をツタフミは自覚はしていない。
「かもしれないって、今更かいな・・・」そう言い一子はため息をついていた。
なお自己紹介直後「マドモアゼルを惑わせちゃったかな?」との若先生のオヤジギャグが、
ボーっとしているツタフミの耳には入らなかったのは幸いかもしれない。
つづく
若先生
○渾名:若先生(南部系)

○工人:佐々木覚平
=====================
鎌倉の某店でこの覚平こけしを見たとき、あ、『若先生』だ!と思いました。
ご当地の宮沢賢治を意識したマント型のデザインと思われますが、
その優しい顔立ちも相まってアカデミックなイメージを抱いたせいでしょう。
覚平のキナキナではないのを見るのは初めてで、珍しいとつい手が出ました。