クラブこけしオーナーは毎年鎌倉に紫陽花を見に行くのだが、
その際店のこけし娘をピックアップし、紫陽花と共に写真に撮る事を恒例としている。
(過去の紫陽花ガールは126話、108話、107話、81話、14話です)
そんな紫陽花ガール2019は筒(店外124他)とデンゴ(142話)の組み合わせであった。
筒とデンゴと紫陽花
「ねえデンゴちゃん、私と紫陽花ってあんまり似合って無くない?」
「ナコトナイッス。ニアッテルッス。」
「デンゴちゃんは年季入ってるし、そのシャイ喋り方とかも紫陽花にお似合いよ。」
「シャス。テレルッス。」
「今日私、単にオーナーがあんみつ食べるって言うからついてきただけなんだよね。」
「アンミツッスカ?・・・」
そう言い口ごもると、デンゴはジッと筒を見つめる。
「何?デンゴちゃんどうしたの?なんか凄い目力なんだけど。」
「アンミツッスカ?・・・」
「そう、あんみつ。」
「アンミツッスカ?・・・」
「そうだってば。あ、もしかしてデンゴちゃんも食べたい?」
「・・・タベタイッス」
「めんどくさ!言えばいいのに。シャイな割に目力訴えが凄いんだから。
まあでも、その目力は心強いわ。よし、じゃあオーナーに一緒にたかりにいこう。」
デンゴの目力は功を奏し、その後無事あんみつにありついた二人のお茶時会話。
「そう言えば今度、赤んぼ先生の代わりに非常勤の若先生ってのが講義にくるんだっけ?」
「ヒジョウキン・・・ドコカラスカネ。」
「フランスのこけしの大学だか何だか。確か店に写真も貼ってあったよ。」
「コケボンヌッスネ。」
「コケボンヌ?!ふざけた名前の大学ね。まあ楽しみにしておこうかしら。」
筒とデンゴのそんな会話であんみつタイムは過ぎていった。
若先生
つづく
=====================
特に脈絡のないこけし同士の組み合わせでの紫陽花写真ですが、
ともにどっしりしており、目線もうまい具合に可愛らしい写真となりました。
この日鎌倉で入手したこけし(若先生)も早速喫茶店で写真を撮ったら、
それっぽいのが撮れてしまったので、予告的におまけとしました。乞うご期待です。