クラブこけしの名古屋観光も最終盤、一行は複合商業施設『オアシス21』の大屋根の上に登っていた。
オアシス21_1
広大な人工池を備えたこのガラスの大屋根は‘水の宇宙船’とも呼ばれており、
ライトアップされた名古屋テレビ塔を背景に、その眺めは何とも未来的な光景となっている。
オアシス21_2
ここでこけし娘達は旅行の感想を語り合っていたが、“おさげ”と“ボブ美”は何とも不満そうである。
「オーナーの写真の腕には呆れたものねボブ美ちゃん。オートフォーカスでまさかのピンボケとはね。」
「全くよねおさげちゃん。せっかく常滑まで行って焼き物散歩しながらポーズとか決めたのにね。」
オアシス21_3
「名古屋城なんかもう閉まってて遠くからしか写真とれないし。あれはオーナーの計画ミスよ。」
「残念だったわよね。シャチホコ小さすぎてよくわからなかったね。」
オアシス21_4
「も、申し訳ない・・・」おさげとボブ美に責められるオーナーにベンガラの助け舟が出る。
「まあまあお二人さん、モノより思い出!終り良ければすべて良しですよ!ハ〜ベベン!」
「おお、今回はベンガラちゃんの『ベベン!』に上手く収めてもらってばかりであるな。」
「まあそうね。楽しかったし、ベンガラちゃんに免じて仕方無しとし・・・ちょっと待った!何よこれ!」
オアシス21のデジカメ写真(上から2枚目)の撮れ具合を見直していたおさげが声を上げる。
「またやったわね出歯亀オーナー!この女の子の足!こんな事(店外編4479)ばっか上手くやって!」
「こ、これは、つまり、若人のお御足の潤いと水の潤いを絡めて、水々しさの相乗効果を・・・」
「お御足の潤い?!なんかもう説明がキモイわ。」ドン引きのおさげとボブ美である。
「やれやれ、これではさっきの『ベベン』も台無しですねぇ。ハ~」ベンガラも最後はため息であった。
こうして、最後に株を下げたオーナーとこけし娘の名古屋旅行は幕を閉じたのであった。
つづく
=====================
焼き物の町‘常滑’に行き、有意義な観光をしたのですが、
こけし写真を全部ハズしてしまったせいもあり、駆け足で締めくくりといたします。
ピンボケに後で気付いても取り返しがつかないのでとても悔しいものです。
そんなわけで名古屋編はここまでですが、近い割に良く知らなかった名古屋。
総じて楽しい&満腹な観光が出来、大変満足いたしました。