クラブこけしオーナーとビリケンさんが大阪の新世界をうろついている頃(店外編57)、
それとはまた別行動をとっているこけし娘がいた。
彼女は“シンヤ(19話)”。オーナーの愛人のこけしモデル事務所所属の彼女は、
オシャレ好きではあるがその路線は奇抜なものになりがちである。
そんな前衛的オシャレ感覚を持つ彼女は、「行って会わねばならない人がいる」と、
オーナーの大阪行きを聞きつけくっついてきたのである。
そして彼女は遂にその場所にやってきた。
「ああ!とうとう会えたわ!私のオシャレの指針!色褪せない前衛の権化。
このいで立ちはもう『こけし神』と言っていいほどだわ!!憧れの太陽様!!」
太陽の塔1
そう、彼女がやってきたのは万博記念公園。そこに鎮座するは岡本太郎作『太陽の塔』であった。
「もうたまらないわ!オシャレエネルギーが充電されていく!」
興奮するシンヤの頭上から太陽の塔が語りかけてきた。
「よーく来たね、こけしのお嬢ちゃん。爆発してるかな。」
「きゃーっ!太陽様!ハイッ!!爆発です。爆発しまくっています!!」
「うむ、よろしい!もっともっと精進しなさい。こけしは爆発だ!」
「ハイ!こけしは爆発だ!」
不思議な会話の中、シンヤのときめきは最高潮に達したのであった。
その後シンヤのオシャレセンスは前衛具合を増し、関係者は頭を悩ましているという。
つづく
=====================
太陽の塔、私も大層感激いたしました。
得も言われぬ凄まじい存在感と魅力です。
これはもう、なんだかでっかいこけしに見えてきます。
写真のようにこけしと並べても妙にしっくりきます。
逆にレプリカをこけし棚に並べたい気になりました。
背中にも顔があったんですね。
太陽の塔2