クラブこけしオーナーとこけし娘達の四国旅行もやっとの締めくくり。
一行は四国を飛び出し広島は厳島神社まで遥々やってきたのであった。
厳島神社1
さすがは世界遺産と観光を楽しんでいたオーナーは、はっと思い至り、
こけし娘の“筒”(145265話ほか)を呼ぶのであった。
「ちょっと筒ちゃん。こっちへいらっしゃいな。写真を撮ってあげよう。」
「ん?なに急に。別にいいけど。」
「では、これと一緒に並んでもらえるかな?」
そう言いオーナーが筒の横に添えたのは、ご存知広島銘菓『もみじ饅頭』であった。
厳島神社2
「うむ!すばらしい!青森と広島、日本の東と西のもみじの競演だのう!」
「わ!もみじ饅頭!食べて良い?」
「ちょっとまちたまえ。写真がまず先なのだよ。」
「早く早く!ねえまだ?もう食べて良い?いいよね?!」
写真を撮り終わるや否や、食い意地の張った筒はもみじ饅頭にまっしぐらであった。
「うま!うま!でもさぁ、オーナー、なんでチーズクリームなのさ。
普通王道はやっぱりあんこでしょ。その辺センスないわぁ~。」
「嫌なら別に食べんでもいいのだよ。」
「いえ、食べます。おいしいです。さっき鹿が食べてた煎餅よりはるかに。」
「そんなものまで食っていたのかね・・・。それは鹿煎餅だよ・・・。」
そんなわけで4泊5日に渡る、オーナーとこけし娘達の四国から広島に至る旅行は、
それぞれに満足な思いを胸に、無事終了したのであった。
つづく
=====================
旅行でこけし写真が撮りたいのですが、当然全てを持っていく事は無理です。
そこで選抜を行うのですが、厳島神社では、もみじ饅頭と共に
この山谷レイ工人のものと決めていました。もみじと言えばこれだ!と。
厳島神社の朱色と、こけしの赤がとてもお似合いです。
しかし、神社で鹿が放し飼いになっていたとは知りませんでした。
総じて色々と念願のかなった楽しい旅行でした。