前回に引き続き菜の花畑でのこと。
クラブこけしおよびモデル事務所の仲良しチビ娘達も花見を楽しんでいた。
菜の花3
ししおどり(53話)「素敵な景色ね~。胴のお獅子もウキウキで肩ひもがずれちゃうわ。」
ムグムグ(52話)「相変わらずセクシーな服ね・・・。何か乳製品のおやつ持ってくれば良かった。」
レインボー(72話)「ちょっと、みんなあれ!またいるわよ!」
ゆう子(55話)「確かに・・・。例の謎のカップルね。」
皆が目線を向ける先には、
こけしカップルが優雅に菜の花の上で楽しんでいる様子である。
菜の花4
店外編7以来クラブこけしでの目撃情報が増えていた謎のカップルである。
ししおどり「確かあの方々、ゆさこちゃん達が鳴子から帰って以来、見るようになったわ。」
ムグムグ「いつも距離を置いたところに居るから話しかけられないのよ。」
レインボー「この前堪らずゆさこちゃんに、あのカップルは何者か聞いたんだけど・・・。」
ゆう子「そうなのよ、ゆさこちゃんはぐらかすのよ!他の鳴子の姉さんたちもみんなよ!!」
様々に憶測する中、レインボーが実践行動に踏み切った。
「私の虹を出す力で、あの二人の注意をこっちに向けてやるわ!それ、レインボー!!」
謎のこけしカップルの前に美しい虹が現れた。が、すかさずカップルの女が言い放つ。
「ぼんぼーり!!」
すると、なんと美しい提灯の幻影が現れ、虹をかき消したのであった。
「ボンボーリ?!・・・。私の虹が負けた・・・!!」
4人娘達は驚愕しつつも、幻影の提灯が放つ不思議と乙女心をくすぐる美しさに心を奪われていた。
カップルの女が男に言う。
「ヒナオさん、さすがに限界かもしれませんね。」
「そうでおじゃるな、ヒナコさん。」
こけしカップルの謎が間もなく明らかになりそうな気配である。
つづく
=====================
可愛らしい写真が撮れていたので今回も引き続きでした。
小寸こけしは軽いので結構無茶な配置が可能です。
失敗すると地面に落ちたりで、ムグムグもてんとう虫の汁を浴びる等の被害が出ましたが。
がんばって綺麗にふき取りました。
雛こけしの胴模様は華やかで、風景によくお似合いでした。