クラブこけしの鳴子娘達が、オーナーと1泊2日の鳴子温泉旅行に行ったときのこと。
各々旅行を満喫した後、様々な思いを胸に鳴子温泉駅で東京への上り電車を待っていた。
ぶす子(ちょっと一息4)は物思いに耽りつつ、鳴子の駅前広場を見下ろしていた。
鳴子1
「やっぱり故郷は癒されるわね。これからまた東京砂漠に戻るのね・・・。」
しんみりしていると“うんきち1号”(82話83話ほか)がやって来た。
鳴子2
「ぶす子ちゃん、何黄昏ているの?そんなムード出したって、ブスなんだから似合わないよ。」
「あなた・・・、そのデリカシーの無さは一回りして尊敬に値するわね・・・。」
しかし、しんみり気分も少し和らぎ、前向きな気持になるぶす子であった。
程なくして“あきこ”(92話)と“おさげ”(86話)と、そして謎のこけしカップルが合流してきた。
鳴子3
「ぶす子ちゃん、私達もご一緒していいかしら?」
「あら、おさげちゃんにあきこちゃん。一緒に鳴子をなごり惜しみましょう。ところでこの御カップルは?」
「・・・まあ・・・、気にせずいっしょに居ちゃいなよ。」
あきこに『居ちゃいなよ』と言われるも、急に現れた謎のカップルに何とも違和感のぬぐえないぶす子。
そんな状況が結構続いた後、“ゆさこ”と“ゆさ姉”が現れた。ゆさ姉が皆に言う。
鳴子4
「皆さん早くに集まりすぎよ。オーナーは鳴子の電車の時間感覚が無いんだから。東京者はダメよね。」
ぶす子は堪らずこっそりとゆさこに話しかける。
「ねえゆさこちゃん、このこけしの御カップルはどちら様なの?」
「・・・電車、遅いね・・・。」
ぶす子の疑問は結局解消されぬまま、鳴子の日は暮れていった。
謎のこけしカップルの正体が明かされるのは、また後のお話である。
つづく
=====================
鳴子温泉駅名物?のすり鉢ベンチの上で、電車を待つ間ずっと撮影してました。
鳴子でやることも無くなり、駅で
ただ電車を待つ感じの時間経過を、
写真から感じていただければ幸いです。(徐々に灯る街灯)
鳴子旅行自体はもちろん楽しかったですよ!