クラブこけしの料理や、スタッフのまかないを一手に引き受けているのは“めし炊き”である。(第20話参照)
炊事係に就任した当時よりさらにスタッフは増え、彼女の繁忙さは日々増すばかりであった。
そのせいか、近頃まかないメニューが、質より量的なものが多くなり、
大量のチャーハンやスパゲティ、また、鍋といった相撲部屋の様なものが増え、一部のこけし娘達から、
「もっと繊細な料理がたべたい。」と贅沢な不満がちらほらと出ていた。
「忙しいんだから仕方ないじゃない!」と、半切れするめし炊きを案じ、
料理部門に新たなこけし娘が投入される次第となった。
まんさくとめしたき
その娘は“まんさく”と言い、『まんさくの花』と書かれた割烹着を基本既に着用している頼もしい娘である。
「めし炊き姉さんの力になれるように、私頑張ります!!料理には自信があります!」
「本当に助かるわ、まんさくちゃん。これでみんなのリクエストに少しは答えられるようになるわ。」
というわけで、クラブこけしの食事に安定感が戻りはじめていた。
その一方、マヨラーの筒や、味の素大好きゆさこ(第20話参照)等は、
それまで忙殺されていためし炊きをよそ目に、好き勝手にマイ味付けをしていたのだが、
その辺の取り締まりにも
、再び目が届くようになるのだった。
行為がめし炊きに見つかると、マヨや味の素は没収され、料理の何たるかを滔々と説教されるのだが、
懲りずに続けていたある日、それをまんさくに見付けられることがあった。
ゆさこが自分のおかずに「ふんふ~ん♪」と味の素を振りかけていると、まんさくと目が合った。
すると、まんさくは目にジワジワ涙を浮かべ、遂には泣きだすのであった。
「おお、新しい反応だわ!これは怒られるよりやりづらい!なんかすごい罪悪感だわ。」
と、それなりにゆさこは反省し、オイオイ泣いているまんさくをなだめるのであった。
それを見ていた巨乳があたふたとやってきた。まんさくを慰めると思いきや、
「ヨーグルトは?ヨーグルト和えは有りよね、まんさくちゃん!?ヘルシーだからいいよね!?」
と必死に聞いてくるが、さらにまんさくは泣き出すのであった。
それをさらに横目で見ていた筒は、出しかけたマヨネーズをしぶしぶ引っ込めるのであった。
めし炊きに「
一部の舌馬鹿は気にしないようにね。」となだめられているまんさくだが、
こうした一件を踏まえ、各自の隠れ味付けはさらに巧妙化していくのであった。
つづく
まんさく
○渾名:まんさく(木地山系)
○工人:小南三郎
=====================
小南三郎工人のこけしは、この「まんさく」タイプといい、前掛けタイプといい、
いずれも働き者な雰囲気が出ていて好感があります。
顔立ちもふっくらとしており、おいしいご飯を炊いてくれそうな感じです。
このまんさくこけしはNHK朝ドラで「まんさくの花」というのをやっていて、
その記念というか、お土産的に作られたもののようで、
それがどんな話だったのかは全く知りませんが、このこけしはかわいいです。