小脇にさくらんぼのたっぷり詰まったタッパーをかかえ、
それをもしゃもしゃと食べながら、ブスブスと呟きながら歩いているこけし娘がいた。
「まったく、私のどこが協調性にかけるのよ!さくらんぼのやけ食いでもしなきゃやってらんないわ!
彼女は名を“さくらんぼっ”という。クラブこけしのオーナーの愛人のモデル事務所の娘である。
社長と協調性について口論となり、クラブこけしで勉強をしてくるよう言われたのであった。
「言いたいことを言って何が悪いのよ。みんな言えばいいのよ。それでこその協調性じゃないの!
このさくらんぼだってみんな控えろとか言うけど、意味が分からないし。
私はいつもこれで自分を高めているのに。自己管理だなんだって、本当はみんな食べたいのかしら。

まったく、奥歯に物の挟まったような言い方して、訳が分からないわ。ああ、着いた。ここか。
こんにちはー。社長に言われて来たんですけどー。誰かいないんですかー。

出てきたのはたこ少女であった。(たこ少女については第10話参照)
さくらんぼっ娘とたこ少女
「ああ、あなたね。オーナーから聞いてるわ。あたいが相手するよ。まあお入り。
そう言って
さくらんぼっ娘を中に入れるが、その間も彼女は不満をさも正当そうにブスブス言っている。
席に着くや、開口一番たこ少女が言う。
「少しは黙りなさいよデブ。アンタ顔がパンパンよ。それの食べすぎじゃないの?
そんな娘、ハマじゃ誰も相手にしないよ。そのタッパーはよこしな。
土産ってことで
皆に配るから。いいわね。それが協調性よ。そしてアンタは少し痩せなさい。」
さくらんぼっ娘にとって衝撃であった。今まで自分にここまで強く出た人は初めてである。
しばし呆然とする
さくらんぼっ娘であるが、ふと我に返ると、クラブこけしの娘達が、
美味しそうにさくらんぼを皆で食べている。そして口々にお礼や、そのうまさを褒めていた。
それを見て彼女ははっと
何かに思い至り、たこ少女に言う。
「たこ姉さん。私、少しここにいてもいいかしら。何かを学べそうな気がするわ。
「好きにしな。」
そうして、
さくらんぼっ娘はたこ少女指導のもと店にとどまることになった。
その後も相変わらず口数は多い
さくらんぼっ娘ではあるが、店ではよく頑張っている。
しかし、たこ少女が度々、客がどこかをさわったと言っては店を飛び出すことについて、
「姉さん・・・協調性は・・・?
と首をかしげているという。
つづく
さくらんぼっ娘
○渾名:さくらんぼっ娘山形系)
○工人:会田栄治
=====================
山形県は天童の会田栄治工人のお店『栄春堂』にて、
数ある中からこのこけしを「これだ!」と選んだのですが、
今見ると、こんなに顔パンパンだったっけ?と思っているところでした。
夜な夜なさくらんぼのつまみ食いでもしているのかと妄想しています。
力強い顔立ちで、ちょっと我が強そうですが、それも愛らしいです。
会田栄治工人の、とても気さくでかつ、こけしに情熱的な感じが、
このこけしに表れているようにも思えます。