こけしブログ クラブこけし物語

クラブこけし物語と題したストーリーによって 所有するこけしを紹介

新年初回なので、ちょっと一息の余談をさせていただければと思います。
伝統こけし集めとは、当然ながら何でも集めたいという訳ではなく、
“こんなこけしがほしい!”と何かしらのイメージを持ち、皆臨んでいると思います。
系統、作者(工人)、年代、サイズ、彩描、値段、、様々な理想形がある中、
総合的にバランスが良いこけしとの納得の出会いを望んでいます。
この理想形のバランスにおいて、“このパーツは絶対に外せない!!”といった、
デザイン上の比重が以上に高かいパーツを備えたこけしが私にはありました。
顔立ちや雰囲気等の大まかなものではなく、本当に部分的なデザインの話なのです。
(それを踏まえてのバランスは大事なのですが。)
そんな決め打ちの主観のもとそれに合致し、私が晴れて出会えたこけしと、
そのパーツとは一体何だったのか!?切りの良いところで10種、ご紹介します。

1、カニ菊のカニ!
カニ菊のカニ
蟹菊とも呼ばれるこの胴模様が、如何に“蟹”っぽいかにこだわりました。
というか、実演会で工人さんにお願いして描いてもらいました。
ちなみにカニ子はこれが本当に蟹なのですが、行き過ぎかなと思ったりしています。

2、梅子の梅!
梅子の梅
この梅の枝に対する神経質さは驚異です。
大野栄治工人の性格がおおらかであることを願う程、見ていて心配になります。
最近外に連れだしたので、また後日ご紹介をお楽しみに!

3、ベトナムの謎の菊!
ベトナムの謎の菊
どこかのアジアの文字のような菊模様。命名もそこから来ています。
青森に遊びに行った際、長谷川健三工人に注文したものです。

4、のど自慢のチューリップ!
のど自慢のチューリップ
そんなあっけらかんとした同模様があるの!?と意表をつかれた感じでした。
こけしの表情も相まって、スタンドマイクのごとき存在感を感じての命名です。

5、ワラビの蕨!
ワラビの蕨
やっぱりこれじゃなきゃね!という独特な有路こけしの胴模様モチーフ。
仙台は定規山のお店で蕨がニョキニョキと居並ぶ光景は、ある種の生命力を感じます。

6、ゴットハンドの手!
ゴットハンドの手
もう何も言うことはありません。手が出ちゃっているのです。
最早見て見ぬふりのできない一本なのです。

7、マント親子のマントとヘルメット!
マント親子のマント・ヘルメット
マントは分かるとして、ヘルメットをかぶるのはどういう状況でしょうか。
北風小僧の寒太郎のように、空を飛ぶといった前提での安全上の対策と推測します。

8、ギュンギュンの眉
ギュンギュンの眉
大内慎二工人の作には時折もの凄く眉力の強い作が見受けられ、どうせなら強烈な奴を
と探していたところ、凄いのがいました。ギュン!とした眉による命名です。

9、ベンガラの髪留
ベンガラの髪留
我妻勝之助の型のこの独特な赤い髪留により、入手前からベンガラと呼んでいました。
ちなみにベンガラとはインドのベンガル地方にちなんだもののようですね。

10、ピヨピヨの鬢!
ピヨピヨの鬢
毛束が後ろに流れた感じがヒヨコの羽のように見えての命名です。
私の性癖に関係するのでしょうか、何だか好きなんです。
遊佐妙子工人の本人型なのですが、訪ねてお願いした程の思い入れの強い一本です。

といった所で、あくまで私の主観によるご紹介でした。
こけしの命名に全てこだわりのパーツが反映されています。
こけしが好きになり、多少詳しくなっていくと気になりだす観点だと思います。
私などはその観点もまだまだ浅い方とは思いますが、密かな思いを胸に、
今年2020年もこけし達との素敵な出会いを期待するところです。

師走も押し迫ったその日も、クラブこけしの台所は大忙しであった。
「この時期の忙しさは異常ね!まんさくちゃん(店外33他)、そっち火加減どう?」
「は〜い、めし炊き姉さん(20話他)!」こなれた動きでをサポートするまんさく。
「ほんとウチも年々大所帯になって・・あ、セチ子ちゃん、お皿出してくれる?」
「は、はい!こ、こっちのお皿でいいですか?」
セチ子とめし炊きとまんさく
まだたどたどしい動きで必死に台所を駆け回っているのはセチ子。
年末の忙しさを予期し、めし炊きが採用した新人である。
「セチ子ちゃん表情が硬い硬い。リラックスしないともたないわよ!」
「そうよセチ子ちゃん!料理は愛情!そして笑顔よ!」
「は、はいぃっ!」
おせち料理がそれなりに得意ということで採用されたセチ子だが、
まだ日が浅く台所の勝手や、環境に慣れていないため動きは硬く、
その表情は何かストレスに耐え得ているかのような切ないものとなっていた。
そんな光景を傍から眺めていたのは、クラブこけしのネガティブ3人組、
ゴヘイ(48話他)、ボクッ娘(74話他)、Q(店外123他)であった。
セチ子とQとボクッ娘とゴヘイ
「セチ子ちゃんだっけ。名前の通り世知辛いって訴えてるような表情ね。」
「仕方ないよ。この時期他の皆はイベントを楽しんでいるのに、準備側なんだから。」
「そりゃ世の中恨めしいって顔にもなるわよね。絶対にあの娘、私達の側の娘ね。」
ネガティブな3人の勝手な解釈により一方的に同情され始めるセチ子。
そんな中、近くを通りかかったオーナーがセチ子に声をかける。
「セチ子ちゃんガンバなのだよ!今年のブログの大トリなのだよ!」
声を聞いたセチ子は一瞬微笑むと、また難しい表情に戻り仕事に集中し始める。
「良く分からないけど大トリだってセチ子ちゃん。ちょっと救いがあってホッとしたわ。」
こうして勝手な解釈の3ネガ娘は、その後セチ子とは親しくなっていったというが、
当のセチ子は実際何を思っているのか、その表情から読み取るのは難しいという。
つづく
セチ子
○渾名:セチ子(遠刈田系)

○工人:佐藤文男
=====================
グッとくる表情のやつを一本!と常々思っていた丑蔵型の一筆目こけしですが、
佐藤文男さんの作に納得でした。世知辛そうな表情なのでセチ子です。
切なげな表情が見るものの気持ちを写すようでなんともたまりません。
といったところで本年最後の更新となります。
皆様が良いお年を迎えられるよう、こけしを乾拭きしつつお祈り申し上げます。

こけし達の活動をサポートするこけし業界団体の一員の大ママ(50話他)は、
師走の稼ぎ時のこの時期、こけし達を奮起すべく各店舗を回っており、
その日はアシスタントの‘キク’と共にクラブこけしを訪れていた。
キクと大ママ
「もっふんママ分かってるの?稼ぎ時なんだからしっかり頼むわよ!」
「わ、分かってるわ大ママ、最善を尽くす・・・もふ。」
「最善じゃダメなの。結果なのよ!ホント頼むわよ!それにしても忙しいわ。」
大ママの眼力に今日もタジタジのもっふんママは話を変える。
「ところで大ママ、その娘は?」
「キクちゃんよ。忙しすぎてアシスタントに付いてもらってるのよ。」
その娘はまるで大阪名物“みたらし小餅”の如くふっくらとした顔立ちである。
「初めましてキクです!申し訳ありませんが大ママにお茶などをただけると・・・」
多忙な大ママを気遣ってか、しかしその目は店先の干し柿を見ている。
「これは失礼したもふ。丁度干し柿もあるし、筒(店外24他)ちゃん準備よろしくもふ。」
大ママの来訪時から何故か側にいた筒は、程なく干し柿を添えお茶を持ってきた。
しかし大ママは忙しく「もう時間だわ!すぐ次にいかないと!」と席を立つ。
キクと筒
実はこれこそ筒が予想し、ママ達の側にいた理由。彼女はここぞと口を開く。
「では、この干し柿はもったいないので私が!」
しかしこの事態を同じく予想し、同時に同じ言葉を発していたのはキクであった。
彼女は素早い手捌きでサッと干し柿をかすめ取ると、パクリと口に放り込む。
筒はハッと気付く(ま、まさかこの娘が“早手のキク”!)
そんな筒に勝ち誇った目線を送るキク(フフフ、脇が甘いわよ“底なしの筒”)
互いの噂だけは聞いていた二人の、これが初の出会いであった。
「行くわよキクちゃん!それにしてもこんな忙しいのにアンタ痩せないわね。」
首を傾げつつも慌ただしく去っていく大ママとキク。
もっふんママはホッとし、筒は歯ぎしりをしつつ二人を見送ったのであった。
つづく
キク
○渾名:キク(肘折系)

○工人:佐藤きく
=====================
佐藤きくさんによる、夫である巳之助氏の本人型となるでしょうか。
所謂の肘折系とはちょっと異質な丸頭ですが、特筆すべきはこのほっぺたの豊かさ!
この量感にきくさんの女性らしさが表れてい気がします。ツボでした。
首から下がるのはスケジュール帳のつもりの、購入店の商品タグです。
なお現在、吊るしで頂いた干し柿をこけし棚に引っ掛けています。

このページのトップヘ