こけしブログ クラブこけし物語

クラブこけし物語と題したストーリーによって 所有するこけしを紹介

我が家のこけしにキャラと物語を与え続け、気付けば早7年(2012年10月〜)。
細々と続けてまいりました本ブログですが、階数を数えてみると、
本編146話、店外編148話、ちょっと一息24話、計300話以上、よくまあ続いたものです。
この調子で彼の偉大なブログ「こけし千夜〇夜」の記録を塗り替えてしまうのではと、
ハラハラ・・・など全くしていません。
まずは私も1001話目指してがんばりますが、このペースではあと何十年かかるか。
というわけで、改めて本ブログのコンセプトをざっくり説明しますと、
“クラブこけし”という架空の水商売店(単にウチのこけし棚)を舞台に、
こけし達を紹介するのが『本編』と称するお話群。
そして本編で紹介されたこけし達を、外に連れ出しては写真撮影を楽しみ、
その写真をベースに妄想物語をさらに加えているものが『店外編』となります。
こけし一本では話中の展開に詰まるので、既出のこけしを絡めるのですが、
それらの登場回数には偏りがあり、そこに私の思いや好みが現れているようです。
というわけでジャンルごとまとめた登場回数ランキング、早速紹介いたします!

◎本編登場回数ランキング
本編
1位:もっふんママ 30回
2位:ゆさこ 25回
3位:ナオシ 15回
4位:チーママ 12回
5位:赤んぼ先生 9回
流石はクラブこけしを取り仕切る"もっふんママ"!誇らしげですね。
本編だけに主人公“ゆさこ”や店の幹部ママの上登場回数が多いです。
その一方、“ナオシ”とか“赤んぼ先生”はやっぱり私の好みなんですね。

◎店外編登場回数ランキング
店外
1位:ゆさこ 14回
2位:ツタフミ 13回
3位:ピヨピヨ 10回
4位:赤んぼ先生 9回
“ゆさこ”が1位とは意識してませんでしいた。釣られて親友の"ピヨピヨ"が3位。
印象ではてっきり赤んぼ先生あたりが1位かと思ってました。
持ち運びやすいサイズ感や、キャラ設定が影響しているのですね。

◎総合ランキング
総合
1位:ゆさこ 39回
2位:もっふんママ 34回
3位:ナオシ 22回
4位:ツタフミ 19回
5位:赤んぼ先生 18回
私のファーストこけし"ゆさこ"が一位であったことに何だか安心しました。
クラブこけしの言い出しっぺの面目躍如でございます。
一方で栄治郎型が好きなんだなと。他ランキングも結局思いあたる結果ではあります。

◎おまけ 移動距離ランキング
移動距離
1位:赤んぼ先生ツタフミ 約18,000km(イスタンブール、プラハ他)
2位:委員長ナオシこもっふん 約11,200km(リスボン他)
3位:ミナオミズキ 約11,100km(オビドス他)
店外編を企画した手前‘移動距離’を一つ検証してみようと思ったのですが、
単純距離では海外旅行勢にはかないません。国内旅行もそれなりにしているので、
じゃあ電車や車に絞ればどうなのか・・・等、面倒で検証やめた次第です。

今回の集計をしたことで、図らずしも不遇なこけしも見えてきたりで、
それらに詫びつつ、今後登場させてあげなきゃと再確認したとことです。
初見の方には何を訴えていたのか不明の回なっているとは思いますが、
こけしとの付き合い方の端緒の足しにでもなればと思っております。
最後、もしかして気になる方の為に、2位の表彰台は松本の老舗、
"開運堂"の銘菓『白鳥の湖』の空き箱です。(今は缶タイプっぽいです)
といった所で、引き続き『クラブこけし物語』をよろしくお願いいたします。

新潟県糸魚川市の日本海側、筒石海岸を散策していた若先生とツタフミ・一子は、
若先生の先導で筒石集落へと移動。街並みを目にしたツタフミは驚愕の声を上げる。
筒石1
「す、凄い密度の木造家屋群!しかも三階建がずらり・・・!!
若先生、これは一体どういう状況なのですか!?何かの産業の集散地ですか?」
「全て通常の住宅が集まった漁村集落ですよ。私も最初は驚いたものです。」
「今でこそ木造三階建住宅は珍しくないかもしれませんが、
ここはどれも年季の入った家ばかり。しかもここまで建て込むなんてなぜ?」
「ここは通称『筒石の断崖下の街並み』と呼ばれています。
街の裏側には急峻な山並みが迫り、かつその向かいは日本海。
山と海に挟まれた家々はその敷地を活かすべく上へと伸びた結果なんですよ。」
「なるほど・・・、とはいえこの光景は圧巻ですね!」
筒石2
一同息を飲みながら街路を散策する中、一子が家々のある特徴に気がつく。
「若先生、玄関先の街路に面して流し場を備えている家が結構多いですね。」
「ええ、恐らく漁港街ということで、魚の処理等に便利なのかもしれませんね。」
「なるほど。」
「あとこれは推測ですが、この街並みは火災に対し大変に不利な構造と思われます。
水場が通りにあると、初期消火の観点から有効に協力しあえる様にも思われます。」
「確かに。街並みを維持していくと言うのは大変なんですね。」
「かくいう私も“若先生”の名を冠する手前、その維持は色々大変な部分があるのですよ!」
それを聞き一子がハッとする。
「若先生?!もしかして実は結構なお歳なので?」
若先生の、“名前と見た目の割に結構なオヤジ”疑惑を抱いていた一子が聞き返す。
「フフフ。詳細は秘密ですよ!ただこの名に恥じぬようには心がけたいものです!」
その心がけが上手く言っているのか微妙に思う一子であったが、
このちょっとした告白で、これまでの若先生の言動が多少腑に落ちた一子であった。
つづく
=====================
この筒石の街並みに対する私の驚きも伝わりましたでしょうか。
ここまでの三階建て含む住宅密集地を正直見たことがありません。
観光地にもなっていませんが、まだまだ日本の街並み観光も侮れないものです。
ちなみに若先生と私は実は同い年!アンチエイジングに気を割く今日この頃です。

若先生と一行の新潟旅行、二日目は日本海へとやってきていた。
筒石集落前の海岸では、舟屋群を前に若先生が説明を行っていた。
筒石舟屋1
「どうですかツタフミさん、一子さん。なかなかの光景ではないですか?」
「若先生!こんな建物がまだ残っているんですね。」
朽ちつつはあれど日本海を背景に広がる舟屋群の光景に、ツタフミも一子も息をのむ。
筒石舟屋2
「筒石の漁港に実質の機能は移りましが、ここではその名残を見ることがでます。」
「若先生、フランス帰りだというのにこういうのもホントお詳しいんですね。」
「こうして船を吊るのは、かつて津波で船をさらわれた教訓かららしいですね。」
「それにしたって海に近すぎないですか。普段から危うい気がしますが。」
「いい質問ですツタフミさん。実は日本海は干満差が小さいんですよ。
だから結構こういった建物が海岸沿いに並ぶことが地域的にあるんですね。
以前‘行き倒れ’君が京都の伊根に行ってましたが、あそこもそういうことなんですよ。」
「へぇ〜。若先生、勉強になります。」
若先生の“実は結構オヤジ”疑惑を持つ一子も、その説明には素直に感心していた。
筒石の集落見学へと移動するため海岸を歩き始めた一行。
日本海を眺めつつ若先生は何やら鼻歌交じりである。それを聞いたツタフミが尋ねる。
「ご機嫌ですね若先生!今の『ラ・メール』ですか?フランスの海が恋しいんですね!」
「いえいえ、私の解説を君たちが素直に聞いてくれるので嬉しいんですよ。」
「若先生の講義はとても為になりますから!」今日もツタフミは楽しそうである。
しかし、一子は今日も気がついてしまう。
(違うわよツタフミ先輩。さっきの鼻歌、八代亜紀の『舟歌』だったから。)
若先生のオヤジ感に最早驚くことはなくなりつつある一子である。
その後も楽しそうに若先生に話しかけ続けるツタフミを見ながら、
(ツタフミ先輩、“女は無口なひとがいい〜♪”って若先生思ってるわよ。)
と思いつつ、『舟歌』の続きの鼻歌を引き継ぐ一子であった。
つづく
=====================
筒石の舟屋群、なかなかの見ごたえでしたがメジャーな紹介はほぼされていません。
当然観光客もおらず、のびのび観光およびこけし写真が撮れました。
舟歌を上機嫌に口ずさんでいたのは当の私です。
次回はこれまたなかなかの見ごたえの筒石集落、お楽しみに。

このページのトップヘ